ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

イベント

観戦記:川崎純情小町☆生誕5周年スペシャルワンマンライブ! in クラブチッタ

昨日は、川崎クラブチッタで開催された川崎純情小町☆さんのワンマンライブを鑑賞。開催を耳にしてから数か月、ついに迎えたワンマンライブ。最後は涙をこらえるほど、大変素晴らしいライブとなりました。 〇 500/583 (5月4日の川崎フロンターレのイベント…

観戦記:U.M.U AWARD 2016 関東・甲信越エリア代表決定戦

(開票結果に耳を傾ける各グループのアイドルさん) 昨日は、下北沢でU.M.Uアワード2016 関東・甲信越エリア決定戦(2部)において、川崎純情小町☆さんの応援。 本大会は「全国各地のローカルアイドルの日本一を決定するコンテスト」をコンセプトとしており…

観戦休題:川崎のご当地アイドル・川崎純情小町☆に会いに行こう!

(写真:5月4日に等々力で開催されたベガルタ仙台戦のステージ) 今回は観戦記ではなく観戦休題な小ネタ。何度かブログにも書いておりますが、ここ数ヶ月、川崎純情小町☆さん(以下「小町」と言う。)の現場に足を運んでおります。 (写真:8月の柏戦のステ…

観戦記:愛踊祭 2016 関東Aエリア代表決定戦

8月3日、イオンモール浦和美園で国民的アニメソングカバーコンテスト『愛踊祭 2016』の関東Aエリア代表決定戦に足を運んできました。 WEB審査を突破した川崎純情小町☆さんも参加された本決定戦、小町さんも今持てる力をパフォーマンスに出し切ったかと思いま…

観戦休題:川崎アニソンNight☆ Vol.2

昨日は、川崎セビリアンナイトでライブイベント「川崎アニソンNight☆」に参加。本イベントは、同人誌印刷会社『ねこのしっぽ』と、川崎純情小町☆が所属する芸能事務所『ホワイトウルフ』の川崎市にある2社がタッグを組んで開催したもの。川崎フロンターレも…

観戦記:欅坂46デビューカウントダウンライブ

昨日は、東京国際フォーラムで欅坂46のデビューカウントダウンライブに参加。新プロジェクトのアナウンスから約1年、発足から約半年が経過し、いよいよデビューを迎える欅坂46。乃木坂46に続く新たなる坂の一歩を見届けようと、デビューイベントとは言い難い…

『国宝 鳥獣戯画と高山寺』(京都国立博物館)

■ 行列のできる展示会 本日は遠征先の大阪から京都に足を運びまして、京都国立博物館で開催中の特別展示会『国宝 鳥獣戯画と高山寺』を見てきました。国宝『鳥獣人物戯画』の修理作業が完了したことを記念して行われた本展示会は、甲・乙・丙・丁の4巻を全…

『ディスカバー、ディスカバー・ジャパン 「遠く」へ行きたい』

■ 「いま わたしは旅人」 先日、東京ステーションギャラリーで開催中の企画展「ディスカバー、ディスカバー・ジャパン 「遠く」へ行きたい」を見てきました。本展示会は、1970年代に日本国有鉄道(国鉄:現在のJR)が大々的に展開した「ディスカバー・ジャパ…

9/28:西芳照・矢野大輔トークショー(日本橋高島屋『東北展』)

■ 日本代表と東北を熱く語る 日曜日に、日本橋高島屋で開催中の『東北展』に足を運びました。目的は、日本代表の専属シェフ・西芳照さんが経営するアルパインローズが出店していると聞いていたからです。丁度、14時過ぎに会場となる催事場に到着し、お目当て…

9/10:『アジアでサッカーの仕事をするには』(日本大学)

■ 知られざるアジアサッカーの世界 水曜日に勉強を兼ねて、アジアサッカー研究所が主催する『アジアサッカーキャリアセミナー』に参加してきました。スポーツマネジメントの分野でご活躍されている和光大学の原田尚幸先生が告知されていたのを契機に足を運ん…

8/29:『都市とスタジアム』(原宿VACANT)

■ 天野氏が攻撃的サッカートークを展開! 原宿で開催されたトークイベント『都市とスタジアム』第3回に行ってきました。同イベントは日本のスタジアムに関する課題等をゲストとともに議論する内容で、この日は、森哲也氏(『フットボール批評』編集長)、チ…

AR:『ROBO太 5th.AnniversaryLIVE REVOLUTION』

(筆者、久しぶりのO-EAST:写真は昨年撮影したもの) ■ イベント概要 / イベント前 代々木に店を構える秘密基地酒場・ROBO太主催によるライブイベント。 店の名前からも連想できるように店内もまたロボット魂溢れるつくりらしい。 ということで、イベントで…

UO乱発のライブと大技連発のプロレス

ここ数日書いてる奈々ライブの余談ですが、ひとつライブで気になっていた点。 元々、筆者が声優ライブに通い出した頃は「光モノ禁止」という時代でもあった。 例えば、今も飯塚雅弓のライブは光モノのないクラップと振り付けが主体である。 早くから今の形を…

水樹奈々西武ドーム公演に向けた私的分析

もちろん筆者もドーム進出は嬉しいが、代々木2連戦以上の大勝負になりそうだ。 ドームでのライブを実現しているアーティストは、本当に一握りしかいなのでは? そこで、成功を祈る意味を込めて、素人の視点ながら、検討を行ってみたい思う。 ■ どれくらいの…

【短期連載】2008年総括:アニメ・声優系イベント編

■ 私的雑感:イベントバブルの転換点 最近はイベントの開催数が本当に多くなってきて、バブル現象のような状態である。 イベント規模もライブハウスを使用した小会場から、アリーナクラスまで裾野も広い。 イベントの増加傾向と共に、イベントに参加する客層…

『マッスル牧場Classic』DVD発売記念イベント

■ OP→歌のコーナー? HMVのポロシャツを着た鶴見亜門氏が登場*1、諸注意の後にマッスル戦士が登場。 坂井選手が切りだしを亜門氏が遮って、趙雲→本多→ペドロ→ディーノ→坂井の紹介。 微妙なフリートークのあと、マッスル戦士がイベントっぽいことを亜門氏に提…

『Music Knot Legend Vol.20』

(よもやタイトル通りの伝説的なイベントとなるとは。。) アーティストの佳織みちるさん主催のイベントに中村繪里子さんが出演と聞き参戦。 最近、長谷川さんとの新タッグで覇王襲名などファン間では話題の尽きない中村さん。 激しくボケていた私、Musicと…

ヒリヒリとした緊張感が与えた衝撃:遊魚たいむ Vol.14

■ 初めて感じた感覚に対する戸惑いと興奮 ふとしたことから情報をいただきまして、学校の方々と見に行くことに。 会場となったスタジオSKホールというのは新高円寺駅の間近にあるスタジオ。 キャパとしてはさほど大きくない会場だったが、天井が異様に高かっ…

『TOKYO ASIA MUSIC MARKET』Anime Song Night

(出してみるもんだな。無理そうだったけど、こう当たって良かった) ■ 開演前 スタンディングは想定外も、センターに設けられた巨大モニターに安心感。 位置どりとしては左端の柵あたりに陣取る。何とかステージは見れる感じ。 暗転して、まずはDJが登場。…

水樹奈々座長公演「水樹奈々 大いに歌う」(2回目)

(よもやコマ劇場に足を運ぶとは思いもしなかった)■ 演歌少女の夢、“もう一つ”の聖地への到達 奈々さんの語る上で欠かせない「のど自慢荒らし」として名をとどろかせた少女時代。 歌手の大きな目標といえば日本武道館であるが、演歌を歌い続けた彼女にとっ…

TGS2008:『THE iDOLM@STER SP』765プロ新曲発表会

(朝も早くから勤勉なプロデューサー達が集った。まさに壮観) ■ のどかな対抗戦ムードの中に、しっかりと熱 見事に朝寝坊をした挙げ句、ステージに到着したのは1020とギリギリ。 ギャラリーはまさに超満員。後方ながらモニターの大きさに助けられる。 まず…

宮崎羽衣『Happy Succession』発売記念シークレットライブ

(渋谷のパセラリゾートは初めて行ったが、銀座よりいい箱かも) ■ 発売記念キャンペーン、本当の千秋楽 8月発売『Happy Succession』購入者特典として開催されたシークレットライブ。 約200名の参加者を集め、渋谷パセラで開催。自分は100番台後半の…

「Radio For You!」公開録音イベント『Radio For 結(you-i)』

(会場は春のイベントと同じく前進座劇場) ■ ハレの日は笑って送り出そう(涙をこらえる父親の形相で) 先日、更新を終えた「アイドルマスター Radio For You!」公開録音イベント*1。 とはいえ秋からは中村さん、長谷川さんのコンビでのラジオが同枠でスタ…

宮崎羽衣『Happy Succession』発売記念イベント

(アソビット→とらのあな→石丸SOFT2の3か所で開催) ■ 幸せの黄色いボイス、秋葉原に羽衣ちゃんが登場 先月に発売になった『Happy Succession』の発売記念イベント。東京は3か所。 【アソビット】:トーク+ミニライブ 【とらのあな】:握手会 【石丸SOFT2…

飯塚雅弓『Strawberry Summer Stories 2008』

(飯塚さん、3年ぶりの夏ライブ、初のO-EAST) ■ 楽曲とともに、僕らの夏の1ページが刻まれていく 飯塚雅弓さん、久々の夏ライブ*1ということもあって楽しみにしてました。 私的に飯塚さんといえば夏というイメージが強かったので、この季節感が戻ってきた…

『ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展』

■ 絵の中の時間もまた静止しているような感覚に 夏休みの間に美術館にも行っておこうと思い、新国立美術館に。 現在行われているのは、ウィーン美術史美術館所蔵の絵画展である。 今回は静物画に注目しており、美術にあまり詳しくない自分に向いている。 静…

8・15:演劇企画CRANQ『ソープオプラ』

(公演発表と同時にお披露目になったこのポスター、私もお気に入り) ■ ひしひし、ハラハラ、ドキドキに満ちた空間 吉田智則さん達が中心となって旗揚げした『劇団企画CRANQ』第1回公演を観覧。 今回、若林直美さんと下田麻美さんも参加していることがキッ…

徹底比較:『NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008』

(初進出となった代々木第一体育館は連日大賑わい) □ 水樹奈々ライブ史上最大の作戦、代々木2連戦!! 正月、初進出のさいたまスーパーアリーナでの公演を無事成功に収めた奈々さん。 そのMCで発表された次なる決戦地は代々木第一体育館。しかも初の2連戦ラ…

『山崎バニラの愉快な活弁ワールド in Yokohama』 第2弾

(そういえば、2年前に県庁の説明会で行ったんだよな。県民ホール) ■ バニラ弁士の活弁イベント、待望の第2弾 昨夏に開催された山崎バニラさんの神奈川芸術文化財団主催イベントの第2弾。 前回公演が追加を含め札止めしたためか、今回は神奈川県民ホールで…

私見:榊原ゆいさんがファンに「オタ芸は禁止」と訴える

榊原ゆいがファンに「オタ芸は禁止」 | ORICON STYLE ■ オタ芸の“暴走”はオタ芸のもつ本質を否定してしまうか? 少なくとも、場に応じては打つ人間なので、少し考えてみる余地がある。 ちなみに、自分は00年代前半から飯塚雅弓ライブで打ち出していたり、 …