ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

読了:柳澤健『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

 

新日本プロレス、再生の物語

『1973年のアントニオ猪木』等で知られる柳澤健氏の最新刊。自分自身がプロレス会場にも足を運んでいた時期の出来事だけに、候補に2人の名前を挙げた時に「是非読みたい」と思っていた題材でもあります。

総合格闘技ブームと「純プロレス」の時代

21世紀を迎えた日本のマット界では、総合格闘技が盛り上がりを見せました。UWF佐山聡を出発点とする格闘技興業が、K-1・PRIDEの拡大により、大晦日番組の一角として名を連ねるまでに成長。世界各国から日本に集まった格闘家たちが最強の称号をかけて戦いを繰り広げる格闘ロマンは、多くの人を魅了しました。

空前の総合格闘技ブームに対して、プロレス界は異なる魅力を強く打ち出すことに活路を見出しました。印象的だったのは、全日本プロレスに活躍の場を移した武藤敬司。武藤は「プロレスLOVE」を合言葉に強烈な輝きを放ち、老舗団体を舞台にプロレスならではの魅力を発信していきました。

また、三沢光晴が率いるプロレスリング・ノアは、GHCヘビー級王者に君臨した絶対王者小橋建太が数々の激闘を繰り広げ、2年連続で東京ドーム大会を開催するなど、「純プロレス」という言葉とともに、揺れ動くプロレス界の砦としての役割を担ってきました。

この他、華麗なる技の攻防と独特の世界観を構築するドラゴンゲート、エンタテイメント要素を多く取り込んだ「ハッスル」の誕生など、プロレスらしさを追求し、格闘技との差別化を模索した時期であったと考えています。

〇 迷走する新日本プロレス

一方、当時の新日本プロレスは、本書でも取り上げられたように、猪木の度重なる介入により、リング内外に大きな混乱が起こりました。所属選手の格闘技興業への出撃、アルティメットクラッシュ開催、「プロレスとは最強の格闘技である」という過去の商売文句が呪縛と化し、格闘技色の強いプロレスを改めて志向したことで迷走し、前述の武藤をはじめ、所属選手・スタッフが離脱していきました。

苦境の中で、会社が新たなスターとして期待されたのは、棚橋弘至中邑真輔の2人。しかし、試合の勝敗以上にファンの支持が非常に重要なプロレスの世界において「会社に推されているが、ファンの支持が伸びない」印象は抜け出せませんでした。

同時期に猛威を振るっていた高山・鈴木みのるをはじめとする外敵陣営に加えて、ファンと同様に団体に高い忠誠を尽くす永田・天山の第三世代の存在を上回ることができませんでした。この時期のマッチメイクを担当していた上井文彦永田裕志あたりのコメントは興味深かったです。

〇 愛を叫び続けた棚橋、己のスタイルを確立した中邑

本書を進めていく中で、やる気が空回り気味に感じていた棚橋が徐々に変化した背景には、多くの人たちに伝わるように「魅せる」部分をリングの中で上手く表現できるようになったからだと感じました。

批判されていた自身の立場を活かして、ヒールチャンプ・ナルシストというキャラを打ち出すことで観客のボルテージを上げる工夫をしたり、多くの人に伝わるような技を使ったり、正確な表現ではないかもしれませんが、徹底的な顧客目線で取組むことで、顧客満足度を高め、団体と自身の評価に繋げていったのではないかと思います。

苦労の方が多かったと思いますが、試行錯誤をしながら、新しいレスラー像を作り上げた棚橋は、第三世代、三銃士、そして猪木という存在を乗り越えて、団体の顔=エースに成長したというのは大きな偉業だと思います。

一方、アントニオ猪木に振り回され、総合格闘技参戦など、若い時から会社を背負う立場を担わされた中邑真輔は、棚橋を中心に変わりゆく新日マットの中でストロングスタイルの呪縛から抜け出せず苦悩しているようにも見えました。

しかし、メキシコマットの経験を経て彼が辿り着いた「キング・オブ・ストロングスタイル」は、呪縛を解き放ち、全く見たことがないプロレスの姿を提示してくれたと思います。本書が提示した2011年の新日本プロレスにおける中邑の進化は、団体のエースとしてIWGP王者として防衛を続けた棚橋とともに、新日の新たな象徴であり、団体の未来に光をもたらしたのではないかと思います。

〇 2018年の新日本プロレス棚橋弘至

現在、新日本プロレスの最前線には、棚橋・中邑の顔はありません。棚橋との度重なるIWGP王座戦を戦い抜き、若くして業界の顔にまで成長した「レインメーカーオカダ・カズチカロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを率いる内藤哲也、外国人レスラーのトップに上り詰めたケニー・オメガが牽引しています。

中邑はWWEに活躍の場を移し、築き上げた「キング・オブ・ストロングスタイル」を変えることなくスーパースターの道のりを歩んでいます。簡単ではないかもしれませんが、団体の頂点を目指してほしいところです。

そして、棚橋はIWGPヘビー級戦線から一歩退いたものの、今も休むことなく変わることなくメディア等を通じて世間とプロレスの接点を作るべく奮闘しています。

あまりにも劇的なリング上の変化は、それだけ新日本プロレスが活性化している証拠であり、素晴らしいことだと思います。一方、本書を読み終えて、棚橋がその輪の中から少し外れているのが寂しくも感じました。40代に達し、鍛錬を重ねるレスラーであっても無理がきかないかもしれません。しかしながら、苦境から這い上がり、新たな道を作り上げた棚橋なら、何かを見せてくれるのではないかと期待している自分がいます。

プロレス史に語り継ぎたい再生の物語。そして、その先にある2人の物語を改めて追いかけたくなる熱い本でした。プロレス熱が久々に上がりました。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

観戦記:トップリーグ・第55回 日本ラグビーフットボール選手権大会

f:id:y141:20180114220623j:plain

1月13日、秩父宮ラグビー場ラグビー日本選手権を観戦。

f:id:y141:20180114225419j:plain

トップリーグ総合順位決定トーナメントを兼ねた本大会。この日は3位決定戦と決勝の2試合が開催されました。

〇 3位決定戦:トヨタ自動車ヴェルブリッツヤマハ発動機ジュビロ

f:id:y141:20180113124046j:plain

3位決定戦は、ヤマハ発動機と今季躍進したトヨタ自動車の対戦

f:id:y141:20180113133943j:plain

試合は、序盤にシンピンによる一時退出とPGで先制を許したヤマハが前半だけで3トライを奪い逆転。キックとウイングの素早い突破を活かして鮮やかな攻撃は素晴らしかったです。ヤマハは後半早々にトライを奪い、試合を優位に進めていきました。

f:id:y141:20180113141932j:plain

 また、ヤマハの武器である強力なスクラムが光る内容。追い上げたいトヨタに対して、スクラムで圧倒し、コラプシングに追い込む。この強さはリーグ随一ですね。

f:id:y141:20180113143608j:plain

また、この試合で現役引退する大田尾竜彦選手はフル出場で勝利に貢献。試合後は仲間に担ぎあげられ、胴上げ。この試合に至るまで、パナソニックサントリー相手に連敗して厳しいチーム状況だったと思いますが、最後にナイスゲームを見せられたのではないでしょうか。

〇 決勝:パナソニックワイルドナイツサントリーサンゴリア

f:id:y141:20180114222304j:plain

第2試合・決勝は、連覇を狙うサントリーと今季無敗で王座奪還を狙うパナソニックの対戦となりました。

f:id:y141:20180113154711j:plain

試合前から接戦になることは想定しましたが、前半早々にサントリーがトライ+ゴールで先制し、パナソニックも2分後にトライを奪う激しい展開。

f:id:y141:20180113153747j:plain

しかし、パナソニックは序盤にベリック・バーンズ(SO)が負傷交代、サントリー側の球出しを防いできたデービット・ポーゴック(FL)も脳震盪の疑いで一時退出する等、アクシデントが多発し、非常に厳しい状況に立たされました。

それでも、後半のパナソニックは一方的に攻め続け、逆転となるトライを狙い続ける展開に持ち込みました。サントリーも集中したディフェンスで跳ね返す。

f:id:y141:20180113170920j:plain

選手を入れ替えながらではありますが、ハードワークに裏付けされたプレー強度が落ちなかったのが印象的でした。結果的に後半の得点は、パナソニックのPG1本だけだったものの、終盤の勝敗を左右する攻防は非常に見応えのあるモノでした。

f:id:y141:20180114221412j:plain

「頑張れ」「負けるな」という声が漏れ聞こえてくるほど、超満員の観客のテンションも非常に高く、秩父宮ラグビー場の雰囲気も非常に良かったです。

 

f:id:y141:20180113171630j:plain

結果的にサントリーがリードを死守。苦しい展開を乗り切った連覇。

f:id:y141:20180113171704j:plain

昨季の自分たちを超えるのは難しさとは、こういうことなのかもしれないですね。

f:id:y141:20180113172133j:plain

一方、パナソニックについても、福岡・山沢といった若手選手たちの存在感が光りました。今季はあと一歩及びませんでしたが、来期以降の成長も強く感じるシーズンでした。

f:id:y141:20180113174454j:plain

来るべくW杯に向けて、ラグビー熱を広げていきたいところ。次なる熱戦は参入から3季目を迎えるスーパーラグビー。雄叫びを挙げろ。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

観戦記:高校サッカー・第96回全国高校サッカー選手権大会 決勝戦

f:id:y141:20180108233436j:plain1月8日、埼スタで高校サッカー選手権の決勝戦を観戦。

f:id:y141:20180108233543j:plain

「国立最蹴章」と銘打って超満員に膨れ上がった国立競技場から「蹴都移転」の埼玉スタジアムで4大会目を迎えました。日本代表戦に匹敵するフェス感のある雰囲気の埼スタまでの道のりも、応援歌の生ライブに合わせてバックスタンドで肩を揺らす応援席の光景も見慣れたものとなってきました。

f:id:y141:20180108233642j:plain

また、今大会の応援リーダーを務める大迫選手のような、ライト層にも届くような突出したタレントが不在でも、4万人を超える観客が集められるのは、本大会のブランド力を証明するものであると思います。

f:id:y141:20180108143205j:plain

準決勝を大量得点で勝ち上がった前橋育英と、今大会無失点の流経大柏の対戦となった試合は非常に白熱した試合になりました。

f:id:y141:20180108154155j:plain

前半から前橋育英の攻勢が目立つものの、流経大柏も守備で踏ん張る。

f:id:y141:20180108162614j:plain

特に、大会7得点を挙げた前橋育英・飯島選手とマンマークする流経大柏・三本木選手のマッチアップは非常に見応えがありました。

f:id:y141:20180108163949j:plain

後半は「攻める」前橋育英、「守る」流経大柏の構図が鮮明になりました。前橋育成は、ポゼッション率を高めながらも途中交代で高さのある選手を投入し、ポストプレーやクロスボールから決定機を作るなど、様々なアプローチで相手ゴールに迫ります。

f:id:y141:20180108165545j:plain

しかし、流経大柏もディフェンス陣を中心に粘り強くゴールを死守し、ゴールネットを揺らさせません。非常に高い集中力で対応していたと思います。

f:id:y141:20180108170758j:plain

手に汗握る激闘は劇的なかたちで締めくくりました。最後に勝利の女神がほほ笑んだのは、最後まで諦めずに攻め続けた前橋育成。前橋育英一筋の山田監督、決勝点を決めた2年生・榎本君も涙。埼スタで3度目の正直、悲願の初制覇となりました

f:id:y141:20180108171044j:plain

青春をかけた情熱、監督・仲間の思いを胸に戦う姿勢、勝利のための献身さ、完璧なまでに感情武装した選手たちのプレーはプロの舞台とは異なる輝きを見せてくれます。だからこそ、決勝戦を終えて、大会最後の勝者と敗者のコントラストを映したスタジアムに響き渡る『ふり向くな君は美しい』は心に響きます。


高校3年生にとっては、高校サッカー選手として今日が最後の試合になりますが、また競技場で会えることを楽しみにしております。いつの日か、また会おう。

f:id:y141:20180108172501j:plain

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

観戦記:高校サッカー・第96回全国高校サッカー選手権大会 開幕戦

f:id:y141:20171230141331j:plain

12月30日、駒陸で高校サッカー選手権の開幕戦を観戦。

f:id:y141:20171230143134j:plain

快晴の空の下、色彩豊かな代表校のユニホームの色に染まる競技場。素敵な演奏による『ふり向くな君は美しい』に合わせて行進する選手たちを見るだけで高まるしかない。

f:id:y141:20171230144517j:plain

青森山田・小山内主将が務めた選手宣誓も素晴らしかったです。

【選手権】2年連続で青森山田主将が選手宣誓! 日本サッカーの未来を想う力強いメッセージ | サッカーダイジェストWeb

来年開催されるロシアW杯、今大会の応援リーダー・大迫選手がコメントに寄せた「超えろ」、日本サッカーの未来という多岐にわたるテーマ性を織り込み、力強い宣誓となりました。

f:id:y141:20171230151027j:plain

開幕戦は、東京都代表として2年連続出場の関東第一高、来季から川崎に加入する赤﨑選手の母校である佐賀東高の対戦となりました。緊張による固さも感じたものの、前半から両チームともアタッキングの姿勢が伝わる攻防を見せてくれました。

f:id:y141:20171230152250j:plain

試合序盤、佐賀東はドリプルを駆使した個々のテクニックで相手陣内に押し込み観客を沸かせました。何人かのドリプルの仕掛け方が同校OB・中野選手(仙台)に似ていると思っていたのですが、ドリプルを軸とする独特な指導方針で知られる、彼や赤﨑選手の出身・パルティーダ鹿児島出身の子が何人かいて納得。

ただし、守備時の対応はヒヤヒヤで関東第一高が主導権を握り、決定機も作りましたが、スコアレスで折り返し。

f:id:y141:20171230161321j:plain

後半は、押し込まれていた佐賀東が先制点を挙げる。右サイドからの展開を起点に生まれた一連の流れは非常に良かったです。その後、ゴール前の混戦から生まれたボレーシュートによる追加点も大きかったと思います。

f:id:y141:20171230164853j:plain

2点を追う展開となった関東第一高。リードした佐賀東に中央を固められて厳しい展開でしたが、終盤に訪れたセットプレーから決定機を作るものの、ネットは揺らせず。

f:id:y141:20171230165430j:plain

最後に深く一礼する関東第一高イレブンの姿が印象に残りました。初戦+開幕戦ということで緊張もあったと思いますが、非常に気持ちの入った試合でした。

f:id:y141:20171230140502j:plain

幕が上がった日本サッカー、冬の風物詩。今後の熱戦にも期待です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

観戦記:トップリーグ・サントリーサンゴリアス-東芝ブレイブルーパス

f:id:y141:20171225011237j:plain

12月24日、味スタでトップリーグ最終節を観戦。

f:id:y141:20171225011255j:plain

何気にクリスマスイブは2年連続で味スタに足を運ぶことに(汗)

 ダービーマッチの名に相応しい激戦

f:id:y141:20171224125902j:plain

前半は、カンファレンス2位=日本選手権進出のため、多くのトライを奪って勝つことが求められる東芝が序盤から敵陣内に押し込む展開を作る。

f:id:y141:20171225011326j:plain

守勢に回る時間が長かったサントリーも鋭い突破を起点に一時逆転をしたが、東芝の気迫のトライで再逆転。前へ=GO FORWARDというべきか、ラグビーならではの気持ち伝わる非常に良いアタックでした。

f:id:y141:20171224134802j:plain

後半は、サントリーがPGを確実に決めて再度逆転し、リードもジワリと広げる。ボーナスポイントを含めた勝利が必要な東芝は果敢にトライを狙いに行き、サントリーも粘りの守備を見せる。白熱した攻防が続く中で東芝がトライ+ゴールで2度目の逆転成功!

f:id:y141:20171224143803j:plain

しかし、サントリーが得意のパスワークを駆使した鋭い突破でトライを奪って3度目の逆転!鮮やかなサントリーの逆転劇に東芝の選手たちも勢いを削がれたと思ったが、わずか1分後にトライを奪って3度目の逆転!!意気消沈の言葉も出させる時間も与えぬほど、見事な反発を見せた。

f:id:y141:20171224144521j:plain

残り時間も少ないことから、何とか勝ち切りたい東芝ではあったが、追う立場となったサントリーが果敢な攻めを見せていきます。攻撃の軸である松島選手が不在、ギタウ選手が脳震盪の疑いで途中交代になるなど苦しい展開が続いた、この日のサントリーでしたが、チームスピリッツにある全員ラグビーと勝ちにこだわる諦めない姿勢を意識したくなる見事なトライで4度目の逆転!!

f:id:y141:20171225011444j:plain

終わってみれば残り10分から3トライが生まれる激戦となりましたが、サントリーが2年連続で府中ダービーを制しました。

〇 「府中ダービー」を日本ラグビーの発信基地に!

f:id:y141:20171224135923j:plain

ラグビーのまち・府中のアピールも兼ねて2年連続で味スタで開催された今回の府中ダービーマッチ。自治体がラグビーの普及に対して熱心なことはもちろん、味スタ=東京スタジアムがW杯の開幕戦の会場でもあり、ラグビーに対する認知を高めていくことは大事だと思います。

今年6月に「秩父宮みなとラグビーまつり」を観戦した時にも少し触れましたが、W杯開催というビッグイベントが2年後に控えているものの、現時点でのラグビーに対する認知は低いのが現状です。関係者・熱心なファンだけが盛り上がっているだけでは熱狂は生まれませんし、何よりも勿体ないことだと思います。

トップリーグも今季は『トップリーグの逆襲』を製作するなど、盛り上げ・集客に対する意識付けを強めているのはわかりますが、今の様々な意味で力不足であることは否めません。だからこそ、今回のように、府中市のような熱心な自治体(港区・熊谷・磐田・豊田)や活動拠点を置くチームの母体企業がタッグを組んで盛り上げていく取組は1つのカギになると考えています。

さらに、府中ダービーは伝統ある強豪チーム同士の対戦であり、現在進行形で日本代表に名を連ねる選手も多く所属しており、非常にブランド価値のある試合だと思います。前日に見たランチタイムキックオフのエルクラシコではありませんが、単なるリーグ戦の1試合ではなくトップリーグの存在を広く発信する試合としてアピールできるように働きかけても面白いかもしれません。

f:id:y141:20171225011635j:plain

Jの兼ね合いで時期的に限られますが、是非来年も開催してほしいところです。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

観戦記:B1リーグ・川崎ブレイブサンダース - 大阪エヴェッサ

f:id:y141:20171224091756j:plain

12月23日、とどろきアリーナ川崎ブレイブサンダースのホームゲームを観戦。

f:id:y141:20171223171925j:plain

強豪揃いの東地区の中で苦戦が続く川崎ではありますが、千葉・A東京と前日のGAME1に勝利して3連勝。全日本総合バスケット選手権大会を含めて、年末年始の連戦が続くこともあり、勢いを加速させていきたいところです。

〇 垣間見た「新たなるケミストリー」

f:id:y141:20171223173032j:plain

前半は、非常に良いかたちで試合に入れた川崎が主導権を握る展開。大阪の2Pシュートの精度不足もありましたが、ターンオーバーを含めて確実にリードを広げることができました。

f:id:y141:20171223173647j:plain

また、連日のスターティングファイブ起用となったバンバ選手の活躍が会場を湧かせました。インサイドに仕掛けるアグレッシブさ、難しい体制でも得点を奪える力が前半の川崎の大きな武器になっていたと思います。

f:id:y141:20171223180308j:plain

大量リードを奪って迎えた後半は、大阪の追撃を許す形に。

f:id:y141:20171223175246j:plain

特に4Qは得点を重ねられなかった川崎に対して、昨季の対戦でも強い印象に残っていた大阪の3Pシュート攻勢が猛威を振るい、最大20点あったリードがジリジリと詰め寄られるかたちに。

f:id:y141:20171223190015j:plain

試合終盤に決まった、辻選手の3Pシュートは試合の流れをグッと引き寄せる大きな一撃となりました。

f:id:y141:20171223190530j:plain

苦しい時間帯を乗り越え、最後は川崎らしい勝負の際の強さが発揮されて見事勝利。年内最後のホームゲームと藤井選手の誕生日を勝利で飾ることができました。

f:id:y141:20171223190819j:plain

後半の試合運びは課題残しましたが、昨季は見られなかった新たなケミストリーが少しずつ見え始めたのは楽しみなところ。今後の東地区を戦う中でも今後の注目ポイントだと思います。GO!GO!サンダース!!

f:id:y141:20171223191343j:plain

にほんブログ村 その他スポーツブログ 川崎ブレイブサンダースへ
にほんブログ村

有楽町周辺で見たマイベスト映画2017

f:id:y141:20171222004322j:plain

映画ネタで1本書きたいと思っていたのですが、2017年を斬るみたいな大上段のネタを書くのも嫌だったので、有楽町周辺の各映画館で鑑賞した公開規模が小規模の映画の中で印象に残った作品を何本か取り上げたいと思います。本ブログを通じて、取り上げた作品の存在を知ってもらえれば幸いです。

〇 『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

f:id:y141:20171222002050j:plain

突然変異で超能力を手にした一匹狼のチンピラと、日本のアニメ『鋼鉄ジーク』が大好きな少女が登場するイタリア映画。


予告編等で「鋼鉄ジーグ」の名前を目にした時には何故?イタリア?と数々の疑問符が頭に浮かび上がりましたが、超人ヒーローの苦悩と成長を物語に織り込んだ「胸熱」直球勝負の作品。

偶然手にした能力以外は未熟なままの主人公、様々な意味の喪失を抱えるヒロイン、自分の求める欲求に貪欲なヴィランの三者に共通していたのは、欠落を埋め合わせる存在を求めていたこと。その中での苦悩や変化を丁寧に描いたダークヒーロー風のタッチも良かったと思います。

また、昨年鑑賞した、日本の魔法少女アニメをモチーフにしたスペイン映画『マジカル・ガール』もそうでしたが、題材とする日本のアニメーション作品を記号的に取り扱うのではなく、作中に潜むテーマや構図を映画の中に織り込ませており、題材に対するリスペクトを感じさせることは素直に嬉しい。やはり、タイガーマスクが人気になる国は伊達じゃなかったです。イタリアだけに。

〇『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』

f:id:y141:20171222001820j:plain

小さな街の人気店だったマクドナルドを帝国に変貌させた「創業者」レイ・クロックを題材にした作品。マクドナルドは米国をイメージさせる企業であると思いますが、企業が紡いだ物語もまたアメリカ企業らしいエピソードを重ねてきた点が非常に興味深かったです。


マクドナルドの店舗を1から設計し、画期的なシステムを開発したマクドナルド兄弟のような独創性を持たず、自己啓発のレコードで自分を奮い立たせるような中年セールスマン・レイが、成功を収めるために武器としていたのは「根気」、人の夢を喰って自らの野望を叶えんとする「貪欲さ」だと思います。

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

 

何も持ち得なかった者がチャンスをモノにして大きな成功を掴むという姿は、所謂「アメリカンドリーム」を体現するものではないかと。本作は、マクドナルド兄弟側の資料・証言を積み上げた経緯もあり、レイに対する負の感情は芽生えてしまいますが、反動のように自らの野心に邁進する強大な力に魅力を感じることも否定できません。

〇 『エルネスト もう一人のゲバラ

f:id:y141:20171222002736j:plain

日本・キューバの合作映画。タイトルにある「エルネスト」はゲバラのファーストネームであり、本作の中心人物である日系二世のボリビア人の青年・フレディ前村ゲバラが授けた名前です。

物語は医療を受けられない人々のために故郷・ボリビアからキューバの大学に留学した寡黙で真面目な青年・フレディが、入学直後に直面したキューバ危機を経験し、カストロゲバラの言葉に触れ、そして母国・ボリビアの異変を受けて行動を起こす。 

チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~

チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~

  • 作者: マリー前村=ウルタード,エクトル・ソラーレス=前村,伊高浩昭,松枝愛
  • 出版社/メーカー: キノブックス
  • 発売日: 2017/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

彼の軌跡は、同じ20代の頃にキューバ革命に奔走した若き日のゲバラの足跡を彷彿とさせます。 上記の描写、あるいは作品冒頭に描かれるゲバラの広島訪問にも共通しますが、本作はゲバラを「革命の英雄」として描くのではなく、彼の影響を受けた人々を中心に描くことで「インフルエンサー」として側面を映し出したのは印象に残りました。

あと、そこまで話題にならなかったのですが、台詞となる現地語(スペイン語)をマスターし、民謡の歌唱も器用こなしたオダギリジョーの熱演には唸りました。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村