ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:明治安田生命J1リーグ・ 北海道コンサドーレ札幌 - 川崎フロンターレ

f:id:y141:20180719175122j:image

7月18日、連続休暇を取得して厚別陸上競技場で札幌戦を観戦。

2ヶ月ぶりのリーグ戦となった試合は、エウソンと悠様のゴールで白星発進。試合を通じて感じたことは以下の点です。

 ◯ 水戸の120分を糧にして

f:id:y141:20180719180620j:image

試合運びとしては、アディショナルタイムに残念な失点はありましたが、札幌さんの迫力のある攻撃に対して粘り強く対応できたことは良かったと思います。

ゲーム記録・速報 - 2018/J1リーグ 第16節 vs.北海道コンサドーレ札幌 | KAWASAKI FRONTALE

札幌・ペドロヴィッチ監督のコメントにもある通り、札幌さんは攻守にアグレッシブなアプローチで川崎ゴールに迫ってきました。長い距離のパスを駆使した縦に速い攻撃、ジェイ・都倉両選手を生かしたロングボールで押し込む形を作るなど、決定機を何度も作られました。

しかしながら、谷口・ 奈良両選手を中心に最後の寄せ、シュートブロック、ソンリョン選手の好セーブで凌ぐことができました。

その意味では、前週の水戸さんとの天皇杯の経験が生きたと思います。引き続き、ボランチとCBのスペースを使われしまった点、プレスの仕掛けた後の対応、個々の選手・チームとしても詰められる部分は多くあると思いますが、少しずつ改善することで勝ちきれるチームに仕上げて欲しいところです。

◯ ミシャ札幌の「冒険」の地図を読み解く

今季初対戦の札幌さん。ペドロヴィッチ監督が就任されたことで昨季までの堅守速攻にミシャ式を融合する意図は伝わりました。特に広島・浦和にはなかった「高さ」を生かしたクロス攻撃と組合せは脅威に感じました。そうした形を作るためのパスやクロスの速さはJトップクラスではないかと。非常に強いボールを蹴られていたのが見ていてよくわかりました。

課題としては、自陣からのビルドアップの精度ではないかと。特にGKが最初の起点になるようなボールを出せるとさらに攻撃のテンポが上がると思いますし、相手の第1プレッシャーラインが自陣深くに設定された場合の回避策にもなるのではないかと。

個人的に攻撃で印象に残ったのは、前半に何度か見せたエウソンから奪ったボールをゴール前に運んだ場面。上手く繋げられてしまったのは、ハーフスペースの位置にチャナティップや福森がいるのですよね。あの辺はミシャ監督が仕込んでるのかしら。前半は超攻撃的プレッシングからのショートカウンターが怖かった。

成熟とともに、さらなる進化を予想されるチームだと思いますので、次回対戦も楽ではないでしょう。

f:id:y141:20180719175924j:image

以上です。首位を追いかける立場として、1つ1つの試合に全力を尽くして。

f:id:y141:20180719175956j:image

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

読了:菊地高弘『巨人ファンはどこへ行ったのか?』

巨人ファンはどこへ行ったのか?

巨人ファンはどこへ行ったのか?

 

〇 「元カノ」の足跡を辿る旅

自分は大学時代、授業をサボってプロレス見にいったり、映画館に足を運んだダメなタイプだったのですが、新宿武蔵野館で鑑賞した『ブロークン・フラワー』という映画が今でも印象に残っています。


冴えない中年男性が、元ガールフレンドを名乗る匿名の手紙を受け取り、手紙の主を探し求める旅に出るという物語。劇中にかかるエチオピア音楽のサウンドに乗せて、冴えない中年役が似合いすぎるビル・マーレ―の哀愁漂う旅路が、当時の自分には妙なインパクトを残し、数年おきに見直すことがあります。

前置きが長くなりましたが、本書も「元ガールフレンドを探し求める旅路」だったと考えています。著者・菊地氏が、読売ジャイアンツを「元カノ」だった過去を持つ【元・巨人ファン】の取材を通じ、V9時代から現在までに至る球団、および日本のプロ野球の変化を考察しています。以下、本書を読んで印象に残ったことをまとめました。

1.「元カノに幸せになって欲しい」

現役の巨人ファンであり、特定のチームを応援している立場としては、共感できる内容は多く、非常に興味深い内容でした。著者・菊地氏の取材によれば、元・巨人ファンが離れた理由は様々。考えてみれば、ファンになったキッカケも人によって異なるのであることから、離れた理由もまた十人十色というのも理解できます。

一方、本著に登場する元・巨人ファンたちもまた、今の巨人に対して嫌悪というより、叱咤激励する意見も多かったのは興味深い傾向でした。自分が応援していたことに後悔が無いと同時に、本書の言葉を借りれば「元カノに幸せになってほしい」という思いをどこかに秘めている。こうした記載を踏まえ、アンチ化した人はともかく、離れた人とも思いが通ずる部分は少なからずあると感じました。

2.なぜ、巨人ファンは多かったのか?

本書では、元・巨人ファンの足跡を追いかけながら、最も巨人ファンが多かった時期とその理由に関する考察を重ねています。日本最大の発行部数を誇る新聞社を親会社に持ち、全国テレビ中継が連日行われていた嫌でも目に入るようなメディア環境に限らず、その変化について証言を積上げて検証を重ねています。

本書の中で結論は出さなかったものの、人気のキッカケが「最下位イヤー」説には説得力を感じました。巨人は長嶋監督が就任した1975年に最下位になりました。V9時代も空席が目立っていたという証言が本書でも触れられていますが、球団史上初の最下位+長嶋監督という要素がファンの心に火をつけ、人気を呼び込んだという仮説は、今般に至る熱狂的ファンの形成の流れを踏まえても説得力が感じます。

苦境の歴史がマニアを生み、輝かしい歴史がファンを生み出すという現象が、実は巨人にもあったということを考えさせてくれます。

 3.巨人のアイデンティとは何か?

また、現在は四国アイランドリーグで監督を務めている駒田さんのインタビューが凄く良かったです。特に、巨人という球団は「象徴」と「地方」の融合であるという考えを述べていたのが印象に残りました。

具体的には、時代を象徴するような選手と、地方から出てきた「おらが街の英雄」のような選手たちが1つのチームで戦うのが巨人という球団であると語られていました。巨人・他球団・独立リーグの3つのフィールドを知る立場であり、まさに「地方から出てきた高校生」であった駒田さんだからこそ語れる言葉であると思います。

00年代以降、各球団はホームタウンに対する地域密着の姿勢を打ち出すことで「愛されるチーム」を目指し、ファンの拡大を図ってきました。札幌に移転した日本ハム、仙台に新設した楽天はもちろん、ロッテ・DeNAのように地域との接点を密にするアプローチに取組んだ球団も増えてきました。

流れに、完全に後手を踏んだのは巨人だと思います。もちろん、原監督時代に掲げられた「ジャイアンツ愛」「GIANTS PRIDE」のような球団への愛着を強調するプロモーションであったり、東京という大都市がゆえに他球団のようなアプローチは難しいと考えることができます。だからこそ、駒田さんの述べたような両輪を揃えることが改めて必要だと自分も考えています。

f:id:y141:20180611082624j:image

平日のジャイアンツ球場に足を運んだところ、老若男女のファンがイースタンリーグの試合を観戦していることに驚かされました。例えば、イベントなどで野球好きのアイドル・タレントさんとお話すると、女性ファンの方は知識が豊富で応援球団を含め、12球団に対する視点もフラットだと気づかされます。

今後、12球団の1球団という見方で評価される方が増えるのであれば、新たなるファンを呼び込み、あるいは元カレたちに今一度振り向かせられるような球団になるには、自身の環境を踏まえた「強く愛されるチーム」作りを試行錯誤する必要があります。

球場に目を移せば、試行錯誤で様々なイベントで盛り上げようとする姿勢が伝わってきますし、グラウンド内に集中すれば、象徴・地方の両方が欠けている状態でありますが、少しずつ芽は出てきていると思います。

過渡期であるからこそ、球団とファンの間に起こった現象を振り返り、今後どのように変わっていくのかを見据えるうえでも非常に良い学びになりました。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

観戦記:天皇杯・水戸ホーリーホック-川崎フロンターレ

f:id:y141:20180712082103j:image

7月11日、ゲーズデンキスタジアム水戸で天皇杯(3回戦)を観戦。

試合はPK戦の末、川崎が4回戦進出。

f:id:y141:20180712082503j:image

試合を通じて感じたことは以下の点です。

◯ 実践 × 改善 × 抜擢

f:id:y141:20180712082652j:image

川崎は天皇杯2回戦以来の公式戦。夏季合宿で取組んだ内容の実践、J1リーグ戦の再開に向けて試合勘を取り戻すこと、そして残りシーズンを戦うための戦力の底上げ、の3点を見据えた編成だったと思います。

まず、合宿期間の成果としては、鬼木監督が何度か強調されていた「スイッチを入れる」守備の徹底であったと思います。この点については、鋭い出足で相手からボールを奪って保持率を高めた前半は良かったと思いますが、運動量が落ち、プレスがハマらなくなった後半は切替の遅さと相まって相手に押し込まれる時間帯も長く、時間の経過とともに決定機を作られる回数が増えてしまいました。

自分の位置を起点にしているとはいえ、人に寄せる守備はスペースを生まれます。ボールを奪えずとも、人とボールの動きを遅らせなければいけませんが、ボールを繋がれると昨日の試合のように危ない場面を作られてしまいます。球際は厳しく、粘り強く対応する部分を徹底して欲しいところです。

次に、試合勘については、Bチーム編成の水戸さんもお互い様の部分はありますが、ブロックを崩すにはラストパスの精度は低く、ワンパターンの攻撃に終始するため悪循環。中断明けの川崎あるあるの試合ではありましたが、後半から延長前半の間に感じた得点に対する無臭感は、再開に向けて改善して欲しい部分かと。

そして、戦力の底上げという部分では、先発起用された斎藤選手と舞行龍選手に対する期待が大きかったと思いますが、チームのリズムに慣れて来たものの持ち味は出しきれていなかった印象。この試合もそうでしたが、ボールを持つだけで複数の相手を引きつけることが出来る斎藤選手の存在は、周りの選手のチャンスを作る機会になります。使う・使われる関係性を上手く構築して欲しいところです。

◯ ベストを尽くす準備とレジェンドの輝き
一方、水戸さんは、リーグ戦が続く中での試合ということで、大きくメンバーを入れ替えてきましたが、非常に手強かったです。試合を見ながら、長谷部監督が、川崎戦に向けて攻守において様々な準備をされてきたのがよくわかりました。さらに、試合の状況を見ながら、守備のアプローチと交代選手で変化を加えることで主導権を握り、見事に追いついた後半の試合運びは「やられた」の一言です。

もちろん、我々としては上回る必要があるのですが、J2リビングレジェンドのGK・本間選手の魂のセービングは止められるたびに唸らされました。片手で弾く場面、前に出てシュートを防ぐ場面は大変素晴らしく、攻め込んだ延長後半も2点目を奪うことができませんでした。

水戸ホーリーホックを代表する選手として長年活躍してきた本間選手の熱いプレーを対戦相手として見ることができたのは、国内サッカーファンとして嬉しくも感じ、天皇杯だからこそ体感できる魅力ではないかと。

f:id:y141:20180712082916j:image
以上です。苦しみながらも突破。鬼木監督の言うとおり、反省の多い試合だったと思います。この試合を糧に来週からのリーグ戦に向けて準備を進めてもらいたいところです。

f:id:y141:20180712082934j:image
フロンターレの夏が始まる。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

観戦記:リポビタンDチャレンジマッチ2018・日本代表-ジョージア代表

f:id:y141:20180624154115j:image

6月23日、豊田スタジアムリポビタンDチャレンジマッチ2018を観戦。

f:id:y141:20180624154138j:image

(本戦の特別応援サポーター・栃ノ心関。ラグビーレスリングが盛んな国だ)

ラグビー日本代表の6月のテストマッチは、イタリア代表との2試合を経て、最終戦大関栃ノ心の母国でもあるジョージアと対戦。

f:id:y141:20180624155122j:image

ジョージアフードコーナーで食したムツワディ(豚の串焼き)は美味でした)

対戦成績、世界ランキングともに実力伯仲の相手となりますが、良いかたちでテストマッチを締めたいところ。

〇 自分たちのスタイルを全面に押し出して完勝

f:id:y141:20180624154249j:image

ジャパンは、ジョセフHCが志向するキック主体のラグビーを展開。

f:id:y141:20180624154322j:image

(キックを駆使して相手にプレッシャーをかけ、相手のミス・ファウルを誘う)

アンストラクチャーの状態を作り、相手のミスを誘い込む狙いが上手くハマったと思います。前半のキックオフ時、ジャパンのBKが相手のキャッチする選手に猛然とプレッシャーをかけ、マイボールにすることに成功した場面は、ファーストプレーでありながら、この試合を象徴する現象であったと思います。

正直、招待等で初めて日本代表の試合を見に来られた方は、キック合戦となった前半の試合展開にある種の違和感を覚えたかもしれません。一方、ジャパンの試合を何試合か観戦したファンには、既視感のある試合展開だったかと。

f:id:y141:20180624154735j:image

(前半は田村選手・野口選手のPGで得点を積み上げる)

雨で手元が滑りやすいコンディション、強力FW陣を擁するジョージアが得意なかたちに持ち込ませない意味でも、キック合戦に持ち込んだのは良かったと思います。

ただし、ジョセフHC就任当初の試合に見られたような「とにかくキックする」展開にも見えたのは気になるところ。さらに、前半は手堅く得点を積み上げるために選択したPGの成功率が低かったのも勿体なかった。田村選手ほどのキッカーでもハマらない時はダメなのだと痛感。

f:id:y141:20180624154435j:image

(レメキ選手の5人抜きトライなど、後半は3トライを奪ったジャパン)

後半は、相手のターンオーバーから素早い攻撃でトライを奪い、点差を広げることに成功。

日本の武器ともいえるレメキ選手の個で打開できる突破、後半投入のウィンピー選手と姫野選手の活躍が光りましたが、ターンオーバーから素早い攻撃展開に移行する日本のアタックシステムが機能していたのも印象的でした。

〇 W杯に向けて試されるフィジカル、ディフェンス

f:id:y141:20180624154502j:image

(後半、ジョージアの攻撃に対応するジャパン)

一方、ジョージアが得意とするスクラム等のフィジカルバトルで互角に戦うことができたのは手応えになると思います。過去の対戦でも偏差での勝利が多かっただけに、完封勝利というのはまた少し違ってくるものかと。

ジョセフHCをはじめ、コーチ陣が指摘するようにW杯に向けたフィジカル強化が課題となるだけに、より強力な相手との接点で圧倒されない耐久性を身に着けてほしいところ。

f:id:y141:20180624154553j:image

また、フィジカルに関連して、ディフェンスの強度を上げていくことが今後の鍵になると思います。個に強いジョージアの突破に対して、1人目のタックルでしっかり止め、組織的なディフェンスで相手のゲインを防ぐことができました。

f:id:y141:20180624154843j:image

(試合前の練習風景。ディフェンスの確認が入念に行われていた)

試合前の直前練習でも熱の入った入念な確認が行われていましたが、連動して前に出るシステムだけに、1人1人の動きの正確性が求められるものと考えています。

f:id:y141:20180624155055j:image

昨秋のテストマッチに続き、着実な進化を見せているジャパン。

f:id:y141:20180624154643j:image

(11月3日、ジャパンは味スタで世界最強・オールブラックスと対戦)

秋に予定されているオールブラックスとの対戦は大きな挑戦となりますが、今から楽しみです。

日本ラグビーの戦術・システムを教えましょう

日本ラグビーの戦術・システムを教えましょう

 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

観戦記:秩父宮みなとラグビーまつり2018

f:id:y141:20180618074607j:image

6月17日、秩父宮みなとラグビーまつり2018で開催されたサントリーサンゴリアスブランビーズ(スーパーラグビー)フレンドシップマッチを観戦。

f:id:y141:20180618074633j:image

(鮮やかな練習着が美しかったブランビーズ

「インターナショナルスタンダード」標榜するサンゴリアスは、昨年のフレンドマッチでNSWワラタズに惜敗。

f:id:y141:20180618074655j:image

(流選手、真壁選手は不在ながら高度な情報戦を展開)

主力選手が日本代表で招集されながらも、昨年の期するものがあったと思います。

ラグビーの魅力を伝える好ゲーム

f:id:y141:20180618074955j:image

前半は、序盤こそブランビーズが押し込み先制したものの、その後はサンゴリアスが攻守に主導権を握って2トライを奪って逆転。

f:id:y141:20180617154030j:plain

キックを使い陣地挽回を図りながら、ポゼッション時はショートレンジのパスを駆使して良い攻撃を作れていたと思います。

f:id:y141:20180617162756j:plain

ブランビーズは、2メートル超の大きな選手の当たりの強さはもちろん、一発でぶち抜くアタックのスピード、ギリギリのところで突破を防ぐ手のしぶとさ、素人目に見てもプレー強度の平均値が高かったと思います。

f:id:y141:20180617165750j:plain

後半は、スコアが何度もひっくり返る目まぐるしい展開。2点差で迎えた終盤の攻防も目が離せず、最後はブランビーズの攻撃を凌いだサンゴリアスが昨年の惜敗のリベンジを達成。

f:id:y141:20180618080210j:image

一見さんでも楽しめる、最後まで手に汗握る熱い試合となりました!! 今年も好ゲームになりました。

f:id:y141:20180617170504j:plain

◯ 新たな賑わいを生むためのスクラム

昨年、港区が中心となって初めて開催された「秩父宮みなとラグビーまつり2017」。

秩父宮周辺を歩行者天国にするなどイベントとしての並々ならぬ意欲を感じました。

f:id:y141:20180618081653j:image

本年は昨年よりもエリアを広げ、イベントの充実を図られており、フレンドシップマッチも午前からNECグリーンロケッツとワラターズの試合を行い、1日を通じて楽しめるようになっていました。

f:id:y141:20180618081922j:image

ラグビーW杯の開催を来年に控え、まだまだラグビーに対する接点は増やしていきたいところですが、企業の一部門であるトップリーグの各チームでは限界があります。

昨年も触れましたが、本イベントのようにラグビーに力を入れてる自治体、トップリーグの母体企業、そしてチームがスクラムを組んで大きなイベントを作ると取組は増えてきており、プロリーグを保有してない競技団体にも広く適用できる良いモデルになると思います。

2020年にはスポーツの祭典・オリンピックが日本にやって来ます。多くのスポーツに対する知見を得ることが、誰よりもオリンピックを楽しむための近道ではないかと。スポーツの魅力を伝える取組が、全国に広がればと思います。

f:id:y141:20180618082925j:image

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

観戦記:天皇杯・川崎フロンターレ - ソニー仙台FC

f:id:y141:20180607074843j:image

6月6日、等々力で天皇杯2回戦を観戦。

f:id:y141:20180607074904j:image

本年の初戦は、JFLを代表する強豪チーム・ソニー仙台さんとマッチアップ。

魂の叫び―J2聖戦記 (幻冬舎文庫)

魂の叫び―J2聖戦記 (幻冬舎文庫)

 

鬼木監督、向島スカウトをはじめとする現在のクラブスタッフ、中西哲生さんが現役だったJFL時代以来、20年ぶりの対戦となりました。

試合は、前半に先制・追加点を奪われる苦しい展開となりましたが、後半に3得点を奪って逆転勝利。

f:id:y141:20180607085750j:image

試合を通じて、感じたことは以下の通りです。 

◯ 準備 × 差異 × 修正

この日のフロンターレは、リーグ戦に出場するメンバーを軸にしながらも、コアメンバーの数人は入れ替えて臨みました。

試合を振り返ると、攻守のベースは維持し、1つのチームとして戦えることを意識した編成であると同時に、試合中に発生する様々なシチュエーションを想定して選ばれたベンチメンバーだったのだと思います。

結果として、首脳陣の準備した編成の良し悪しが出た90分であったと思います。序盤の攻勢と決定機の演出は、チームのベースを維持した編成が功を奏したかたちだと思います。

雨によって高速ピッチになったとはいえ、少々間隔が開いた中で迎えた公式戦において、非常に良いテンポでゴールに迫れていましたので、観客はもちろん、ピッチ内のイレブンも手応えを感じていたのではないでしょうか。

しかしながら、序盤に感じた「イケる」というフロンターレの手応えが裏目に出たのが、ソニー仙台さんの2得点に繋がったと思います。

崩せそうな雰囲気はある、しかしながら、フィニッシュの精度が甘く、鬼木フロンターレの生命線である切替の速さ・球際の部分に緩さが散見され、そこを狙いすましたかのように、局面の強度と集中力、そして公式戦の連勝によるチームの勢いを力に変え、素晴らしいゴールで等々力に驚き・どよめき・熱気を生み出しました。ふろん太くん風に言えば「フワッと」の構造がわかりやすく伝わる前半45分でした。

f:id:y141:20180607082455j:image

同点、そして逆転を狙う後半は、フワトロからパリっと食感を変えたフロンターレを見ることができました。頭と心のネジを巻き直したというか、本来のプレー強度を取り戻し、イコールコンディションではないソニー仙台さんの疲弊度を突くかたちで押し込む展開を作りました。

また、鬼木監督の施したベンチワークによる修正も良かったと思います。相手を押し込むかたちを作るためにポストで張れる知念選手を前半終わりから投入、相手前線とのミスマッチ・ビルドアップの安定を図るために3月に実践した車屋先生のCB起用、よりワイドな攻撃を生み出すラルフ選手を入れるなど、これまでの戦いで培ったリソースを駆使しながら逆転勝利を手繰り寄せることができました。その意味では、前半戦の総集編のような45分だったと思います。

f:id:y141:20180607085733j:image

そして、JFLで実績と結果を積み上げたソニー仙台さんの強さを改めて実感。連戦でも90分走り抜く運動量はもちろん、規律ある攻守のバランス、ボールを繋ぐ技術、局面を見てもクオリティの高さは唸らされます。もちろん、自分自身、JFL観戦はコツコツと続けているだけに、同リーグで上位につける意味を理解してるつもりでしたが、実際に目にして深く頷くこととなりました。天皇杯だからこそ体感できる未知の強豪との遭遇も大きな魅力であると強く感じる試合となりました。

f:id:y141:20180607090134j:image

以上です。反省の多い試合にはなりましたが、ソニー仙台さんという実力のある対戦相手と手を合わせることで本来のサッカーを取り戻し、勝ち切ることができたのは今後に繋がるのではないかと。相手あってのサッカーであり、しのぎを削ることで強くなれるのだと再認識させられました。この一歩、1試合を大切に3回戦も戦っていきたいと思います。

f:id:y141:20180607091048j:image

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

観戦記:明治安田生命J3リーグ・福島ユナイテッドFC-グルージャ盛岡

f:id:y141:20180605073705j:image

6月3日、中断期間を利用した観戦旅行(自称・ぶらり旅)福島市とうほう・みんなのスタジアムで開催された福島ユナイテッドFCさんのホームゲームに足を運びました。

f:id:y141:20180605074016j:image

(無国籍キッチンさんの角煮カレーが美味でした)

試合前は、スタジアム前のユナイテッドパークでお昼。

f:id:y141:20180605073828j:image

(桃のラガーは所謂「六次化商品」)

絶好のビール日和とあってビールを片手に地産地消のスタグルに舌鼓を打っておりました。

f:id:y141:20180605074717j:image

(会場入りするチームを鼓舞する福島サポーターさん)

この日は、グルージャ盛岡さんとの「東北ダービー」。

f:id:y141:20180605074735j:image

試合前にスタジアムDJさんが同時期に開催されていた「東北絆まつり2018盛岡」について触れておりましたが、親交のある東北勢同士の対戦ということで、歓迎の温かさも強く感じる対戦となりました。

f:id:y141:20180605074811j:image

以下、試合を通じて感じたことを簡単にまとめました。

〇 繋がりタオスか?白き鶴の強襲か?

f:id:y141:20180605074923j:image

試合は、「繋がりタオス」をスローガンに掲げるポゼッション志向の福島さんと、縦に速い攻撃を志向する盛岡さんの一進一退の攻防。

前半。福島さんは自陣から丁寧に繋ぐ姿勢を見せておりましたが、盛岡さんのファーストディフェンスの寄せも早く、自陣で奪われてショートカウンターを仕掛けられる場面が多く見られました。ポゼッション志向のチームの1つの課題とも言えるビルドアップのデザインが試行錯誤の段階といった印象でした。

逆に自陣での圧力を抜けると決定機を作れておりました。特に、中盤のニウド選手は高さとキープ力を生かし、セカンドを拾い、タメを作り、味方に繋ぐ役割を担うなど存在感が光りました。たた、試合全体を通じて、ポジショニングがスーパーフリーダムな感じがして、某川崎の右SBのことを頭に浮かんでおりましたニョ。

f:id:y141:20180605075140j:image

後半。福島さんがボールを握って攻勢を仕掛け、盛岡さんは自陣で攻勢を耐えてからの単騎突破で決定機を作るといった構図。

前半の福島さんは中央突破が多かったのですが、後半は途中交代で入れた田村選手等を絡めてサイドからの仕掛けを作ることが功を奏し、多くの決定機を作りましたが、得点とはならず。フィニッシュの精度等の局面のクオリティ向上が求められるのもポゼッションあるあるはありますね。

一方、盛岡さんもキヅールさんに負けないタフメンタル、そして前半から光った運動量で攻勢を耐えきった後半アディショナルタイムに決定機を連発!そこを福島のGK・堀田選手の好セーブ!

f:id:y141:20180605075331j:image

スコアレスドローで試合終了となりましたが、スコアレスが故に全く落ち着かずに最後まで見所の多い試合でした。

f:id:y141:20180605075347j:image

暑い中の試合、本当にお疲れ様でした。

f:id:y141:20180605075455j:image

攻守のアプローチが相対する点も面白かったと思いますが、福島サポさんの盛り上がりが非常に良い雰囲気を作っていて、気がつくと自分も前のめりに観戦しておりました(汗)

f:id:y141:20180605073756j:image

(試合前のマスコット撮影会もポゼッション志向)

本当に楽しく、素敵なホームゲームの雰囲気を体感できましたので、一度とは言わず、再度ココに来たいという気持ちが強くなりました。福島さん、ありがとうございました。また来ます!

f:id:y141:20180605075622j:image

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村