ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017・韓国-チャイニーズタイペイ

f:id:y141:20171118090810j:plain

11月17日、東京ドームでENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017を観戦。

f:id:y141:20171117200710j:plain

前日、会社の上司に話を聞き、初めて大会の開催時期を理解するほどの情弱な筆者ではありましたが、今年の野球観戦もラストチャンスだと思い、フラッと足を運びました。 

f:id:y141:20171118090445j:plain

この日は、チャイニーズタイペイと韓国が対戦。初戦を迎えたチャイニーズタイペイを応援するため、多くのファンが応援席に駆けつけました。

NPB各球団とは一線を画す応援スタイルは、NPBの外野応援席+JABAの各大会における社会人チームの応援席の融合のようにも感じます(JABA脳)。

f:id:y141:20171117231154j:plain

チャイニーズタイペイの熱い応援をリードした男女チアリーダー

おそらく各選手のテーマは各球団でされているものと推察されますが、CPBL各球団のチアを中心に構成された選抜メンバーの力強いリードが光っておりました。野生のコールリーダーと言いますか、自然発生のコールも多数発生するなど、そのカオス度も含めて貴重な体験ができました(汗)

f:id:y141:20171117220416j:plain

(若手主体の大会ながらチャイニーズタイペイ代表・陽岱鋼は1番センターでフル出場)

昨年以降、ジャイアンツも急速に台湾での認知度向上を意識し、各種取組を動かしておりますが、陽に対する声援だったり、応援の熱量を感じると球団の意図も理解できます(実を結んでいるとは言っていない)。

f:id:y141:20171117234057j:plain

(1本が出なかった試合。韓国が継投で逃げ切る)

試合は、6回に長打で奪った1点を守り切った韓国が勝利。

f:id:y141:20171117234556j:plain

(勝利インタビューを受ける韓国・宣銅烈監督)

両チームとも4安打と淡々とした試合展開となりましたが、チャイニーズタイペイの超ハイテンション応援に引っ張られ、会場観戦としては最後まで見応えのある試合となりました。

f:id:y141:20171117230832j:plain

もう少しマクロな「スポーツ観戦者」の視点で考えると、こうした国際大会が都心で手軽に観戦できることは見識を深める良い機会ではないかと思います。東京五輪でも各地で野球は開催されることを鑑みれば、WBCを含めて、世界の野球に触れる機会をもっと大切にしたいと改めて感じさせられました。

f:id:y141:20171118090701j:plain

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

観戦記:ルヴァン杯・セレッソ大阪-川崎フロンターレ

f:id:y141:20171104123116j:plain

昨日は、YBCルヴァンカップ勝戦を観戦。

試合は、2-0でセレッソさんが初優勝。川崎は4度目の準優勝となりました。この日の試合を通じて感じたことは以下の通りです。

〇 フィッティングが出来てないドレス

f:id:y141:20171104124403j:plain

どんな試合でも先制点は許したくない。一発勝負のカップ戦であれば尚更。前半開始早々の失点後のC大阪の「90分を守り切る」守備の姿勢を見て、改めて避けるべき展開だったと強く感じました。

昨季の経験を踏まえ、各選手たちが何度も口にするだけでなく、今期の戦いの中で試行錯誤してきた「隙を見せてはいけない」戦い方を、本当に大事なタイトルマッチで見せることができなかったのは残念です。月並みな表現ではありますが「試合とは生き物である」と痛感する体験でした。

試合序盤にミスから生じた失点は、大一番で堅さのある選手たちに力みも入ったように見えました。ロスト後のボール再奪取、カバーリング、プレスをいなすテンポの良いボール交換のように、今季の川崎らしい部分も見ることができましたが、肝心の相手ゴール前の崩しの精度は欠いたままでした。

精度の悪さを考慮して決断したパワープレーも、C大阪の長身選手が待ち構えた状態で放り込んでいたことで効果性が低く、逆にカウンターを仕掛けやすい状態を作り出してしまい、ソウザ選手に追加点を奪われてしまいました。

また、私見ではありますが、この日のメンバー構成の影響も少なくなかったと思います。谷口選手・エドゥ選手のCB、大島選手・ネット選手のボランチの組み合わせによる試合出場は久々です。鬼木監督としては、大舞台に臨むために今組めるベストメンバーをドレスに選んだということになりますが、フィッティングが十分にできていなかったと思います。CBは失点に絡み、フル出場の大島君も離脱前に見せた怖さのあるプレーを見せることができませんでした。

選手起用については結果論で語っているため、一概に批判すべき内容ではありませんが、試合に向けた準備としては色々と考えさせられる試合でした。

f:id:y141:20171104151946j:plain

以上です。天皇杯決勝、Bリーグファイナルに続き、今年3度目の決勝敗北を経験。勝者と敗者の残酷なコントラストが映し出される光景は、何度経験しても辛いです。それでも、今季はリーグ戦が残っている。敗戦のショックから気持ちを整えて、もう一度ファイティングポーズを取っていきたいと思います。

f:id:y141:20171104152040j:plain

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

観戦記:明治安田生命J1リーグ・柏レイソル-川崎フロンターレ

f:id:y141:20171101075533j:image

10月29日、日立台柏レイソル戦を観戦。


試合は、柏さんが2点リードを許したものの、終盤に川崎が追いついて引き分け。試合を通じて感じたことは、以下の通りです。 

〇 地上戦から空中戦へ

f:id:y141:20171101075717j:image

現在、ラグビー日本代表を率いるジェレミー・ジョセフHCは、キックを多く利用した戦術を採用しております。

滞空時間のハイパントのキックを起点に、左右にワイドに展開し、素早い攻撃を仕掛けるアプローチは、「JAPAN WAY」を標榜し、ショートレンジのパスを中心とする地上戦を展開したエディー・ジョーンズ前HCとは大きく戦い方を変えております。この点を踏まえ、11月4日のテストマッチ・オーストラリア戦は注目してください。

両クラブの試合を見ながら考えていました(汗) 繋ぐことを早々に断念し、蹴るサッカーに徹していきました。しかし、ラグビーと異なり、アンストラクチャー(陣形が崩れた場面)でタックル等を仕掛けるとファウルになるため、ポイントは高さによる対空戦、前線の選手の推進力の2つが重要であると感じました。

この点においては、強力なブラジリアントリオ+快速ウイングの伊東選手を前線に配置した柏は脅威でした。キック後のプレス、落下点が50/50になった時に競り勝てる強さ、あるいは一歩前に出ることができるスピードを持つ選手たちを前に川崎が押し込まれる時間帯が長くなりました。前線の潤滑役・プレスの起点にもなる中川選手ではなく、オリベイラ選手を起用したのは、良い組合せであったと思います。

一方、鬼木監督も試合をよく見ながら「キッキングゲーム」になった試合の対応を進めてきたと思います。森本選手、知念選手の投入することでロングボールを収め、クロスからシュートに持ち込める形を作ってきました。板倉選手もどちらかといえば、終盤のパワープレー要因に近かったと思います。


結果的に高さの起点を多く作ったことが同点に繋ぐことができました。2失点は痛かったですが、自分たちの武器を完璧までに封じられた中で得点を奪えたことは良かったと思います。

しかし、昨年のCSのように成功体験を糧に普段の戦い方を簡単に捨てないことも大切かと。難しい試合は続きますが、自分たちのサッカースタイルをしっかりと貫くことを第一に考えて欲しいと思います。

f:id:y141:20171101080325j:image

以上です。この試合で見せた執念が残りの試合に繋がると信じて。大会は異なりますが、今週末はファイナル。カップを摑み取れ!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

観戦記:天皇杯・川崎フロンターレ-柏レイソル

f:id:y141:20171026082701j:image

10月25日、等々力で天皇杯・準々決勝を観戦。

f:id:y141:20171026083103j:image

試合はクリスティアーノ選手のゴールで先制した柏さんが勝利。試合を通じて感じたことは以下の通りです。

◯ シュートの記憶

雨上がりの等々力に放たれたロングシュートの弾道がゴールに吸い込まれた光景を見て、最近回顧する機会が多い8年前の晴天の国立競技場の記憶が蘇ってきました。
2009年のナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)決勝において試合を動かしたのは、FC東京・米本選手の素晴らしいミドルシュートでした。先制点を許した川崎は、カウンターで追加点を奪われて敗戦を喫してしまいました。自身の応援経験の中で一発勝負の怖さを身をもって体験した試合でした。
もちろん、当時とは様々な状況は異なりますが、互いに一戦必勝が続く中、日曜日の柏さんとの再戦、そしてルヴァン杯の決勝も、こういう形で失点を喫すれば、相手に守りきられてしまいます。公式戦において許される敗戦は1試合もありませんが、苦い敗戦を良薬に変えることが最善の策だと思います。
私見ですが、フロンターレの現在のサッカースタイルの原点にあるものは、09年の経験であると考えています。あの頃と今のチームが異なるのは、自分たちでボールを握り、試合を動かす力を磨いてきたことだと思います。
最近の試合では、局面の高い集中力でゴラッソで勝ち切ってきましたが、チームが今まで積み上げてきた、相手を崩しきるために必要な1つのトラップや1本のパスにこだわる原点に立ち返ってほしいと思います。

f:id:y141:20171026084018j:image
以上です。悔しい気持ちは血は通わせるように徐々に全身に行き渡ります。しかし、チームがココで崩れてしまえば、今季積み上げたものが全てが台無しになってしまいます。全ての感情をエネルギーに変えて、残りの試合を一生懸命戦いましょう。

f:id:y141:20171026084312j:image

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

観戦記:明治安田生命J1リーグ・サンフレッチェ広島-川崎フロンターレ

f:id:y141:20171022051043j:image

10月21日、エディオンスタジアム広島で広島戦を観戦。

試合は、苦しい時間帯を凌ぎ、川崎が3得点を奪って勝利。試合を通じて感じたことは以下の通りです。

◯ 勝負の際
序盤は川崎が良い流れで決定機を作りましたが、GK・中林選手の好セーブ等で得点には至らず、徐々に広島ペース。川崎は跳ね返しても繋ぐことができず、耐える時間帯が続きました。
劣勢の中、言い方が的確ではないかもしれませんが、試合の流れを無視するように2得点を奪うことができたのは、相手に生まれたミス、そして自分たちの少ないチャンスを見逃すことなく決めることができたからだと思います。
後半に生まれた3点目も、2点を追いかける広島の攻勢をポストやバーに助けられながらも凌いだ後、ゴールキックの競り合いから生まれたゴールです。
もちろん、多くの決定機を決め切れなかったのは要反省ではありますが、要所で見せた集中力が、この試合の勝負の際を分けたように感じました。

◯ 「整っている」GK・新井選手
この日の試合では、ソンリョン選手が足に違和感を覚えて新井選手に途中交代となりました。試合中のGK交代は怖さを感じますが、冷静な対応、そして3点目のアシストのおまけ付きで試合を締めてくれました。
関連メディアでは再三取り上げられていますが、フロンターレのGK陣は個別2部練習を行うなど、菊地コーチの下、切磋琢磨を続けています。
ソンリョン選手という絶対的な守護神もいるチームにおいても、試合出場の機会を見据えて日々取り組む姿勢が、新井選手の準備力によく表れていると思います。
ソンリョン選手の状態は気になるところですが、迷わずに交代した鬼木監督がそうであるように、自信を持って新井選手の後押しをしたいと思います。

f:id:y141:20171022051314j:image

以上です。正直、良いサッカーできたとは言えない。しかしながら、結果を残さなければ道は開けない。勝ちたい気持ちが束になって引き寄せた勝利。食らいつくぞ!!

f:id:y141:20171022051330j:image

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

観戦記:明治安田生命J2リーグ・横浜FC - FC町田ゼルビア

 f:id:y141:20171021072902j:image

昨日は、等々力で開催された横浜FCのホームゲームを観戦。

f:id:y141:20171021072839j:image 

普段通い慣れたスタジアムで異なる風景を見るのは不思議な感覚でした。

◯ 前半:横浜FC 1-1 町田

f:id:y141:20171021072951j:image
町田を迎えた試合は、筆者の到着前に町田が先制したものの、到着直後に横浜FCが同点に追いつく。
その後、横浜FCが押し込む展開。陸上トラックで助走距離を確保できる中里選手のロングスロー、精度の高いレアンドロ・ドミンゲスの足といったセットプレーの攻撃にも怖さがありました。

◯ 後半:横浜FC 2-2 町田

f:id:y141:20171021073026j:image
後半も序盤は横浜FCが攻撃の主導権を握り、レドミと大久保選手の見事な崩しで勝ち越しに成功。

f:id:y141:20171021073048j:image

この日、大久保選手は2得点の活躍。
逆転を許した町田ですが、相馬監督の2枚替えから徐々に流れが変わる。前線の攻撃に厚みを加え、横浜FCゴールに攻め込む。ポスト直撃など惜しい場面を作り勢いを増した中、戸島選手の素晴らしい反応からゴールで同点。采配的中。

f:id:y141:20171021073146j:image
終盤はオープンな展開。アディ直前に横浜FCはセットプレーから押し込むも町田の守護神・高原選手が好セーブ!

f:id:y141:20171021073206j:image

試合はそのまま終了。PO圏内を争う横浜FCには痛いドローとなりました。

f:id:y141:20171021073221j:image

決定機も多く生まれ、サポ目線ならばヒリヒリとした、第三者としては面白い試合でした。前線のタレントが違いを見せる横浜FC、劣勢でも粘り強く戦える町田の双方のらしさを感じる試合でもあったと思います。ラストスパート。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

読了:ダニエル・ビニージャ『モンチ・メソッド ゼロから目的を見つける能力』

モンチ・メソッド ゼロから目的を見つける能力

モンチ・メソッド ゼロから目的を見つける能力

 

〇 スポーツダイレクターの仕事から見た欧州サッカー

本書では、セビージャのスポーツダイレクター職(SD)を長年務め、今季からローマのSDに就任した「モンチ」ことラモン・ロドリゲス・ベルデホ氏の仕事歴を取扱っています。

本書において特筆すべきことは、タイトルにもある通り、資金力が潤沢であるとは言えないセビージャというクラブが選手を「安く買って高く売る」サイクルと、EL3連覇を含めた「欧州制覇」を両立させるためのメソッドをゼロから作り上げたことです。

クラブの躍進を支えるメソッドの背景には(本書に登場する証言者が述べるように)モンチ氏の選手を見出すセンス=勘に加えて、独自のルート開拓やビッグデータ等のテクノロジーの存在があることは印象的です。

若手監督もそうであるように主観的な経験値・センスと客観的なデータを提供するテクノロジーの融合がサッカー界全体の大きな課題になるのではないかと。

月刊フットボリスタ 2017年10月号

月刊フットボリスタ 2017年10月号

 

『月刊フットボリスタ』の移籍特集でも取り上げられていましたが、今夏のネイマール移籍に代表されるように投資グループや国家レベルで莫大な資金を投下するようになり、資本主義の理論が一層強く動くようになりました。

スペイン国内に君臨する2強の存在は大きかったと思いますが、移籍金バブルが続く移籍市場の中でサバイブする術を確立させた先見性が今日のセビージャの地位に押し上げたのだと感じました。

また、投資対象=選手を活かすためのケアに気を配り続ける記載は興味深い内容でした。鹿島アントラーズの鈴木満さんも著書『血を繋げる』において選手獲得後の対応が強化部門の役割であると述べておりましたが、グローバル人材を迎え入れる欧州のクラブだと一層重要な視点ではないかと。

血を繋げる。 勝利の本質を知る、アントラーズの真髄

血を繋げる。 勝利の本質を知る、アントラーズの真髄

 

その意味では、清武もまさにモンチ氏が獲得した選手。本書の著者が日本語版の加筆も含めて2度触れていたが、彼は獲得後に就任したサンパリオ監督との相性や選手層ではなく家族の問題で適応のプロセスが無駄になったということが書かれていました。

日本でも当時も今もあまり深く触れられてない話ではあるが、本書に触れてセビージャの清武を長く見れなかったのを少し残念に感じました。

 

欧州の最前線で活躍する人物を通じて、クラブの強化に携わるスポーツダイレクターに関する知見を深めるとともに、資本の論理が強く働く欧州サッカーの風景を垣間見ることができました。クラブの経営等に関心のある方にはオススメの1冊です。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村