読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:明治安田生命J2リーグ・横浜FC-愛媛FC

サッカー

https://www.instagram.com/p/BDaAoULgBlF/

昨日は、ニッパツ三ツ沢球技場横浜FCのホームゲームを観戦。4節を終えて3分1敗と厳しいスタートとなった愛媛FCではありますが、今季初の関東ビジターということで多くの方が三ツ沢に集まり、ゴール裏では熱く・温かい応援が展開されました。

f:id:y141:20160326161801j:plain

愛媛にとっては鬼門のニッパツ三ツ沢球技場、この日も序盤は横浜FCに危ない場面を作られるなど苦しい立ち上がりでしたが、徐々に盛り返して攻勢を強める流れに。ボールサイドに寄せてくる横浜FCの守備に対してサイドチェンジで切り返し、サイドから攻め込む場面を何度か作りましたが、ゴール前に送るボールの精度がイマイチで決定機を作ることができませんでした。

f:id:y141:20160326172822j:plain

一方、横浜FCは愛媛のWBの背後にボールを出した後、ボランチと3バックの間に立った選手に折り返してゴール前に攻め込む形が見られました。寺田選手の動きやテクニックが生きており、愛媛のディフェンス陣が掴まえきれなかった印象です。

f:id:y141:20160326175951j:plain

スコアレスで折り返した後半は愛媛FCがボールを握る時間が多かったのですが、なかなか良い攻撃の形を見せることが出来ませんでした。人数を割いて守る横浜FCのゴール前に対してボールを繋いで崩そうとしますが、縦パスをカットされて逆襲を受ける場面になる等、攻めあぐねる展開。選手交代で近藤選手を投入した終盤に、ようやく縦の推進力が生まれ、ゴール前を脅かす場面を作ることが出来ました。

f:id:y141:20160326164908j:plain

一方、縦に早い攻撃に、大久保・イバ両選手の高さを加えたシンプルな攻めを徹底してきた横浜FCイレブンもゴール前で愛媛の攻撃を凌いだ後に素早くカウンターを仕掛け、児玉選手の守る愛媛ゴールに攻め込む場面を作っていきます。試合終了までの10分程度のオープンな試合展開は非常に面白かったです。

f:id:y141:20160326184822j:plain

結局、試合はスコアレスドローに終わりました。愛媛FCにとっては前半の守備の粘り、後半の攻勢等のポジティブな要素も多かったと思いますので、次節での初勝利を願いたいところです。

f:id:y141:20160326165957j:plain

昨季の戦いと比較すると、愛媛の守備は最終ラインからのビルドアップをはじめ、石丸前監督時代を彷彿とさせる「繋ぎ」の意識が傾いていた印象です。先週観戦したヴェルディの試合でも感じましたが、J2では少数精鋭のカウンターアタック、人海戦術でゴール前を固める場面も多く見ることから、クオリティを発揮しないと攻守ともに相性が悪いと思います。

f:id:y141:20160326175953j:plain

もちろん、勝ち点を積み重ねていくうえでは、昨季を見ていても、自分たちがボールを握る状況を作らねばいけないと思いますので、こうした取組は大切だと思いますので状況に応じたアプローチが大事ではないかと。河原選手や内田選手のようにクオリティを出せる選手も多くおりますので、その辺の歯車を上手くかみ合わせて戦ってほしいと思います。

f:id:y141:20160326185057j:plain

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村