読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記・Jリーグ:浦和レッドダイヤモンズ-川崎フロンターレ

サッカー


■ 異なる風景の埼スタ
昨日は埼玉スタジアム浦和レッズとの試合を観戦してきました。ACLアウェイ帰りの連戦の中で、ターンオーバーで休養十分の浦和を相手に苦戦が予想される中でも川崎側も負傷者が復帰。今組めるベストメンバーで臨んだ試合は、後半に相手に先制点を許し、惜しくも敗戦。この試合を観戦して感じたことは以下のとおりです。

◯ 高い集中力と凌ぎあいの中で
率直に申し上げると、非常に緊張感のある試合でした。正直、スタジアムで観戦している立場にある人間が感じるレベルなのですから、試合をされている選手たちはさらに集中して試合に臨まれていたのだと思います。本当、いつも以上に随所に感じる素晴らしい試合内容だったと思っております。
また、私見ですが、JリーグACLを往復する連戦では、最初15分は試合の中で微調整が必要な時間帯だと思います。そのため、直近の柏戦もこの日の試合についても、どうしても相手に押し込まれる展開になってしまいます。しかし、柏戦以上に激しい浦和のプレッシャーに対し、無失点で乗り切れたのは非常に良かったと思いますし、その後の決定機と後半のゲーム支配に繋がったと思います。ただし、後半は逆の展開となった浦和側も凌ぎきり、少ないチャンスを決めきった。本当に勝敗はどちらに転んでもおかしくない、それだけに、本当に僅かな差であったと思います。だからこそ、非常に悔しいです。

◯ 復帰組への期待
この日、負傷等で戦列を離れていた、大島選手、小林選手、レナト選手の3人が先発に名を連ねました。状態としては試合勘が少し離れていたことで序盤こそ判断や球際のプレイで遅れる部分があったかと思いましたが、試合が進むごとに良さがでてきたと思います。ボール持つ時間を長くする上では大島選手の存在は欠かせませんし、体格差を跳ね返すポストプレイや絶妙なトラップを発揮する小林選手のプレイは健在でしたし、レナト選手の突破は相手に脅威を与え続けたと思います。ただ、それが勝利に繋がる得点に至らなかったのは残念なところ。さらに状態を上げて、次の試合に臨んでほしいです。

以上です。浦和については西川選手、そして李選手の加入の影響を感じました。ペドロヴィッチ監督の戦術的アプローチも含めて、昨季以上に手強いと感じましたし、こうした相手を乗り越えて勝利を掴みたいところです。非常に悔しい試合でしたが、現時点での到達点としては手応えを感じておりますし、まだまだ強くなれると思っております。次戦の蔚山戦は超重要な試合、絶対突破しましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村