読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:天皇杯・川崎フロンターレ‐浦和レッズ

f:id:y141:20161113155248j:image

昨日は、等々力で天皇杯(4回戦)浦和との試合を観戦。

f:id:y141:20161113155349j:image

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ(CS)に進出した両チームの対戦は、川崎が3度のビハインドを追いつき、最後はPK戦を制して勝利。「死闘」を終えて感じたことは、以下の通りです。

 

1.「最善」で「最高」の結果を残す

f:id:y141:20161113155410j:image

怪我人を多く抱えて試合に臨んだ川崎は、ベストメンバーは組めませんでしたが、 “Do my best” (最善を尽くす)の戦いぶりで、浦和に対して一歩も引かない粘り強さを見せてくれました。また、私見ではありますが、今回の出場メンバーならではの武器を駆使したことで戦力差を補えたと思います。

例えば、ガンバ戦に続き、スタメンに名を連ねた三好・長谷川の前線コンビは、ドリブル突破による「縦の推進力」はもちろん、前線から積極的な守備を仕掛けることで西川・槙野両選手が不在の浦和の最終ラインに圧力をかけることができました。

また、板倉選手が先発出場は期待以上の働きぶりを見せてくれました。この日はボランチでの出場になりましたが、序盤は浦和の動きに目が慣れずに苦労したものの、試合が進むごとに攻守に存在感が出てきたと思います。低い位置で受けたボールを前に運ぶこと、前線に正確なパスを出すといった「繋ぎ役」の役割を果たすだけではなく、細身ながら相手の圧力に屈しない強さを見せたことで、浦和の選手たちが奪いにいこうと圧力をかけても簡単には奪われませんでした。

そして、結果論ではありますが、ディフェンダーとして培ってきた空中戦での高さを生かし、得点をアシストとなる活躍を見せました。川崎が高さを生かして得点を奪うこと自体が珍しいと思いますが、森本・エドゥ・板倉の3枚が前線に揃っていたのは大きいと思います。

最善を尽くし、最大限の力を発揮したという意味では、板倉選手の奮闘こそが、この日のチームを象徴していたと思います。

 

2. 守護神召喚が持つ意味

3失点はしましたが、試合中の仕事ぶり、PK戦での活躍を見ても川崎のゴールを守ったソンリョンさんの復帰は大きかったと思います。

正確なシュートストップ、状況判断に加えて、バックパス処理、キックの飛距離などを見ると、怪我からの復調具合はまずまずといったところ。また、試合展開を考えても、彼が後ろに控えているという部分でもチームにプラスに働いたと思います。

そして、このタイミングで試合出場できたことは、23日のCS準決勝にも繋がったのではないかと。鹿島さん相手の一発勝負だけに、難しい試合になること確実なのは言うまでもありません。公式戦での試合経験、PKストップによる自信を得たソンリョンさんの活躍にも改めて期待したいと思います。

 

3. 等々力「デロリアン」が見せた未来のフロンターレ

延長後半のフロンターレの最前線でボールを追いかけていたのは三好、板倉の両選手。川崎ユース出身の両選手については、私も一昨年の昇格決定から大きな期待を寄せていましたが、彼らが活躍するのは少し先の未来と考えていました。

そんな「未来のフロンターレ」が、あの試合のピッチ上にありました。板倉選手は足が攣って座り込む場面が度々ありましたし、三好選手は前半からボールを追いかけて運動量を消費しておりましたので、終盤はかなりキツかったと思います。精神論ではありませんが、必死さ、強い気持ちが彼らの身体を突き動かしていたのではないか、そう思わせるような彼等の試合を見ながら泣きそうになりました(他多数)。

もちろん、この日のピッチ上で見たような風景が、この先の未来に見えるかどうかは誰もわかりません。しかしながら、我々サポーターの胸に深く刻み込まれた風景を見たいという思いは強くなったと思います。その期待に応えようと頑張ってくれることを信じて、彼らの背中を押してあげられるような応援をしていきたいと思いました。

 f:id:y141:20161113155439j:image

4回戦を突破してベスト8に進出。まだまだ戦いは続きますし、チャンピオンシップという厳しい戦いも待ち受けています。敗退して無冠に終わる可能性も、勝ち上がって二冠を手にする可能性も残っています。

バック・トゥ・ザ・フューチャー』でデロリアンを作ったエメット・ブラウン博士は、主人公・マーティに「未来は自分で切り開くものなんだよ。だから頑張るんだ」という言葉を残し、旅立っていきました。我々も同じだと思います。未来を切り開くための戦いを進めていきましょう。

 f:id:y141:20161113155455j:image

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村