読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記・天皇杯:川崎フロンターレ−愛媛FC

サッカー


■ 「負けに不思議の負け無し」
昨日は天皇杯3回戦を等々力で観戦しました。個人的には川崎と愛媛FCという応援しているクラブ同士の対戦ということで楽しみにしていた1戦でした。試合は、愛媛FCに許した先制点を守り切られて完封負け。ここ数年では、最も早い3回戦での敗退となりました。試合を見て感じたことは以下の点です。
〇 攻撃の機能不全でリズムを失った川崎

この試合は、川崎と愛媛の両チームともに、システムおよび戦い方は普段と同じアプローチを採用しつつ、直近のリーグ戦からメンバーを総入れ替えで臨んでいます。しかし、川崎の場合、現在の3-4-3の選手配置で臨んだのは2試合前の浦和戦からの公式戦3試合目、この日に名を連ねたメンバーは初めての試合となりました
当初、私は昨季のレギュラーも多かったことから、不安を感じていなかったのですが、実際には安定さに欠く内容だったと思います。特に攻撃面の機能不全は試合開始当初から明らかでした。ボールの出し手と受け手の小さな意識と距離のズレから単純なミスを連発し、思うようにボールが繋がらない時間が続きました。また、選手のタスク処理も不十分で、特に現在の選手配置だからこそできる、サイドを幅広く利用した攻撃、ならびにサイドを起点にゴール前に侵入していくカットインの動きが見られず、相手がハメやすい中央にボールを集める動きに終始しました。試合終了まで、最後まで攻撃のリズムを上げていくことはできなかったと思います。
〇 「繋ぎ」と「仕掛け」のアンバランス
何より、従前より感想で書いております「繋ぎ」の意識が強すぎて、縦に早い「仕掛け」が本当に少なかったです。直近のリーグ戦2試合は何が素晴らしかったのかといえば「繋ぎ」ながらも、一気に相手ゴール前に攻め込む「仕掛け」もバランスよくできていたことであり、双方の割合がアンバランスなのは悪い時の川崎でした。
上記のような状態が続いていて、後述する愛媛のプレスを回避する意味でも、特に序盤はトップの森島に向けて「蹴る」ことは有効だったと思います。ミスを連発し、主導権を握り損ねた状態で「繋ぐ」ことを優先したことで、自滅ともいえる失点、そして最後まで攻め手を欠いた結果に繋がったと私は考えます。
〇 若手選手の奮闘と気迫が手繰り寄せた愛媛の勝利
愛媛については、直近のプレビューでも書かせていただきましたが、その攻撃と得点パターンについて、ゴール前の「崩し」は少なく、高い位置でボールを奪ってからのショートカウンターによる得点が多かったことから、この試合でも狙われるとしたらこの形ではないかと予想していましたが、残念ながら、その通りの失点となりました。
序盤から1トップに入った長身の渡辺選手に当てていくロングボールを見せつつ、シャドーに入った表原選手と近藤選手が最終ラインに積極的に圧力をかけていくという展開だったと思います。普段の愛媛の戦い方ではあまり見られない、前からの積極的なプレッシングで少し驚きましたが、結果として、失点を許したのも最終ラインからボールを奪った表原選手の独走によるゴールだったことからも有効であったと感じています。
表原選手も含め、前線に入った愛媛の若手選手の攻守の奮闘が光りました。こうした選手たちの気迫と奮闘、それが勝利を手繰り寄せたゴールであり、勝利だったと改めて感じました。
〇 みかんディフェンス、再び
また、愛媛の守備については、後半に入ると、ゴール前でしっかりとブロックを作りながら、少ない人数でカウンターの形を仕掛けるというかたちが明確になりました。こうした構図となると、ディフェンスのわずかな隙を付く憲剛、密集地帯でもボールをキープできる嘉人さんがいないだけに、あれだけの人数にしっかり守られてしまうと、崩しには相当苦労したと思います。後半頭から大島、終盤には谷口が入ったことでパスワークがスムーズになりましたが、愛媛の守備陣に人数をかけて守り切られてしまい、最後までネットを揺らすことができませんでした。春先に湘南の猛攻を防いだ「みかんディフェンス」の再現となる試合だったと思います。

以上です。プレビューの最後に書いたとおり、自分たちのリズムでサッカーができるかが重要であると考えていた試合ですが、最後まで見せることが出来ませんでした。リーグ戦で表現しているサッカーの精密さを改めて感じるとともに、攻撃を有効化するための難しさを感じました。自分たちサポーターはもちろん、何よりも悔しかったのは試合で戦った選手たちだと思います。経験と敗戦を糧にしてほしいです。
また、愛媛については初観戦から3年目で初得点・初勝利、この対戦構図で見ることになるとは想定しなかったのですが、内容は本当に素晴らしかったです。リーグ戦では苦境が続いていますが、この試合を契機に反転攻勢を期待したいところです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村