読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記・代表:日本代表−キプロス代表


■ 決戦の地・ブラジルへ!
昨日は埼スタで日本代表の試合を観戦してきました。普段からJリーグに足を運んでおり、サッカー観戦そのものは慣れているはずなのですが、実際に足を運んでみると、また違った雰囲気に圧倒されました。真剣に見ている人が多いエリアだったのが幸いして、90分間集中して見れたことに加えて、途中出場の嘉人さんのプレイも見ることができたので、非常に充実した観戦になりました。試合は内田篤人のゴールで日本が勝利を収めましたが、見ていて感じたことは以下のとおりです。

◯ 「確認」と「調整」の観点から
国内最後の試合となったキプロス戦は、もちろん勝敗の部分も重要かと思いますが、それ以上に重要なのは、W杯の本戦に臨むチームが「仕上げ」に入った段階で、合宿から行ってきた「確認」事項を実戦の場で引き出せたのか、そして「調整」は順調なのかという、という2点だと思います。私見ではありますが、その意味では、試合内容は良かったと思います。
対戦相手のキプロス代表は、選手交代を行いながら、終盤まで運動量を落とすことなくプレイを続けていた印象です。また、守備のところでは高い位置からプレスをかける、奪ったところで2トップに素早くボールを送るというミッションを忠実にこなしていました。シンプルではありながらも、フィジカルの強さやキープ力は確かなもので、日本もなかなか止めることができませんでした。こうした相手に対して、守備では良い緊張感で90分間プレイできたと思いますし、攻撃は相手の圧力に屈しることなく、相手を崩すための集中したプレイが求められました。1点しか奪えませんでしたが、本戦に向けた本格始動として、非常に良い対戦相手であったと試合を終えて感じました。

〇 森重、山口、大久保の存在感
この日のスタメンに名を連ねた選手として、注目したのが山口選手と森重選手。一時は不動の布陣であったボランチ、CBコンビにおける「第三の男」ではなく、スタメンを窺う位置にまで来ていると思います。前半は森重選手、後半は山口選手がそれぞれ良かったと思います。森重選手は空中戦も競り勝つだけでなく、自らボールを前に運んだり、ビルドアップを正確にこなすなど、見ていた位置もあるかもしれませんが、抜群の存在感でした。一方、山口選手は序盤こそ相手の寄せに慣れるまではミスも多かったですが、試合が進むに連れて良さが出て来たのではないかと。遠藤選手を前半温存させる作戦を遂行するときにも彼の存在は欠かせないと思います。
そして、後半途中から出てきた嘉人さん。代表で2年ぶりくらいのプレイなのに、スムーズに試合に入れたのは本当に鳥肌立ちました。嘉人さんの得意のミドルの流れも出せるなど、まずまずの復帰戦になったのではないかと。
〇 怪我から戻ってきた選手たちに一安心
気になっていたのは、怪我から戻ってきた長谷部、吉田、内田選手のプレイ。3選手とも今年に入ってからの試合にほとんど出場してなかったことを考えると、流石に不安はありました。しかし、いざ蓋を開けてみると、いずれも良いプレイを見せていたので、ひとまず一安心といったところでしょうか。特に内田選手は得点を決める活躍だけでなく、守備も当たり負けしないタフさを発揮する等、MOM級の働きをしたと言ってもいいでしょう。また、長谷部選手も後半に入ってからの出場でしたが、ゴール前でシュートを打っていくなど積極的なプレイを見せており、中盤全体に好循環をもたらした印象があります。なお、吉田選手も臆せず体を張ったプレイを見せるなど、まずまずの内容であったかと思います。

以上です。得点こそ1点で終わりましたが、負荷のかかったトレーニングを行った後の公式戦ということを鑑みても、手ごたえの感じる試合だったと思います。4年前の同じタイミングで行った韓国戦は、完全に今までの取組をゼロベースに戻された試合だったことを考えると、その違いは明白であると思います。各選手たちが研鑽を重ねてきた技術や経験と、試行錯誤を続けて激闘を積み重ねてきたチームのスタイルを融合させて、ブラジルでぶつけて欲しいと思います。頑張れニッポン。
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村