読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:明治安田生命J1リーグ・北海道コンサドーレ札幌-川崎フロンターレ

f:id:y141:20170419074836j:image

日曜日は、札幌ドームで北海道コンサドーレ札幌戦を観戦。

ACLの広州戦の激闘を経て北の大地に乗り込んだ川崎でしたが、試合は1-1の引き分け。

◯ 目を揃える作業が続く攻撃陣

f:id:y141:20170419074856j:image

川崎は、公式戦3試合連続引き分け。もちろん、対戦相手・試合内容ともに異なりますが、「決定機を多く作れていない」点は共通していると思います。

ただし、試合を見ていると守備的な戦い方を遂行するあまり、チームの重心が低くなり、攻撃の持ち上がりが重いというわけではなく、攻撃時のアプローチに改善の余地があるのではないかと。

私見ですが、この点はピッチ上の各選手における「目が揃っていない」が影響していると思います。例えば、ハイネル選手や長谷川選手の先発起用が続き、非常に良いプレーも見せておりますが、密集地帯でのプレー判断、憲剛さんや悠がボールを持っている時の動き方を見ると、まだ物足りない部分があるかなと感じます。また、悠様や憲剛さんを含めて、攻撃時に意識のズレ、同じイメージを描けていないと感じる部分は最近の試合では幾つかあります。

やはり、相手陣内のブロックを崩すためには、現在よりも攻撃のテンポを上げる必要があると考えておりますし、現時点の仕上がりでは甲府さんや札幌さんのような守備アプローチの相手に守りきられてしまうと思います。

他の新加入選手にも言えることですが、個人戦術となり得る、個々のプレースタイルの相互理解を深めるとともに、もう一段階「上から目線」でプレーできるように視野や頭の回転を高められるかが鍵になってくると思います。

攻撃面の整備・構築は、鬼木さんはもちろん、他のクラブの新人監督さんを見ても1つの壁なのだと感じておりますが、乗り越えて欲しいところです。

◯ 守備陣に対する手応えと期待

f:id:y141:20170419081747j:image

また、ここ数試合、守備陣の奮闘が光るところですが、甲府戦にしても今節にしても「これしかない」という形でゴールを奪われてしまうのは残念なところ。

贅沢を言えば、もうひと踏ん張りができれば、無失点に抑え込めそうなほど、守備の安定感は出てきたと思います。武岡選手、エドゥアルド選手も戻ってきたことで徐々に厚みが出てくると思いますので、この点も今後に期待したいところです。

f:id:y141:20170419081301j:image

難しい試合が続きますが、成長の歩みを止まっているわけではなく、チームの成長痛のようなモノだと考えております。踏ん張りどころですが、応援する側も引き続き、頑張っていきたいところです。

f:id:y141:20170419081802j:image

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村