読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:天皇杯・FC東京‐Honda FC

サッカー

f:id:y141:20161110073822j:image

昨日は、味の素スタジアム天皇杯4回戦を観戦。FC東京JFLで激しい優勝争いを展開するHondaFCの試合は、対戦自体も貴重なモノではありますが、非常に白熱とした試合になりました。

f:id:y141:20161110073800j:image

試合の序盤は、FC東京が相手陣内に押し込み、Hondaが何とか凌ぐ展開。この時間帯を耐えきったHondaは、久野選手のゴールで先制に成功。

f:id:y141:20161110073937j:image

特に前半は、決定機も数回しか作れませんでしたが、味方を信じて全力で走ってシュートを決めた久野選手の動き出しはもちろん、ボールを丁寧に繋ぎ、決定機を演出した流れも含めて素晴らしいゴールでした。

f:id:y141:20161110073949j:image

後半は、FC東京が早い時間帯に中島選手のゴールで同点に追い付く。中島選手は前半からHondaの選手に負けぬくらい走力を前面に押し出し、果敢にゴールを狙う姿勢を見せておりました。

相手ディフェンダーに止められる場面も何度もありましたが、こじ開けようとする姿勢が見事に結果へと繋がったと思います。五輪代表で何度も見せた「らしさ」溢れるゴールだったと思います。

同点に追い付いた後は、互いに決定機が生まれるオープンな展開。Hondaは、徐々に生まれてきたスペースを活かし、長短のボールを繋いで人数をかけてゴール前に迫る展開を作ったかと思えば、東京は前がかりになったHondaの帰陣の遅れ単騎突破で一気に攻め込むなど、2点目がどちらに転がり込んでもおかしくない流れだったと思います。

そんな混戦の中、左サイドからの横展開から一気にゴール前に顔を出し、勝ち越し点を奪った室屋選手のゴールは冷静な判断を含めて非常に良かったと思います。逆転されたHondaもFKがポストを叩く等、最後まで惜しい場面は作りましたが、スコアを動かすことはできず。FC東京が2-1で熱戦を制しました。

f:id:y141:20161110074012j:image

HondaFCさんは、非常に良い距離間を作り、素早い状況判断でボールをしっかり繋ぎ、守備では個々のマッチアップも大切にしながら全員で守っていく、素晴らしいサッカーをピッチ上で展開していたと思います。ココまで内容の充実したサッカーを見る機会もなかなか無いと思いますので、Honda FCさんの試合をライブで見ることが出来たのは、本当に良い経験になりました。

一方、FC東京も代表ウィークで選手が入れ替わる中で難しい試合になりましたが、中島・室屋といった若いタレントの活躍が光ったと思います。今回のW杯アジア最終予選でも、浅野・久保A代表に選出されましたが、彼らもその位置を虎視眈々と狙っていると思います。対戦相手としては嫌な存在ではありますが、日本サッカーを支える新たな力として期待したいと思わせる試合ではあったかと。

 f:id:y141:20161110074046j:image

本当、一発勝負のガチンコの中に「面白い」が溢れた良い試合でした。まさに「サッカー万歳」と言いたくなる熱い試合でした。自分も土曜日も応援頑張るぞ!

f:id:y141:20161110074115j:image

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村