読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:Bリーグ・川崎ブレイブサンダース-新潟アルビレックスBB

f:id:y141:20161008150151j:plain

昨日は、とどろきアリーナで川崎ブレイブサンダースのホームゲーム観戦。

f:id:y141:20161008145123j:plain

前節の横浜戦でバスケ観戦デビューしまして「鉄は熱いうちに打て」と言うことで、2週連続で足を運びました。

 

〇 川崎ブレイブサンダース、ホーム4連勝

f:id:y141:20161008170811j:plain

(攻撃を組み立てるポイントガード・篠山選手)

試合は、川崎がシュートを簡単に許さない集中した守備から素早く攻撃に繋ぎ、ファジーカス選手、スパングラー選手の両外国籍選手を中心に確実に得点を重ねた川崎が見事に勝利。

f:id:y141:20161008170246j:plain

(ファジーカス選手の圧倒的存在感。フリースローも完璧。)

26得点を挙げたファジーカス選手、コートエンドで観戦していたということもありますが、ゴール下の攻守の存在感が印象に残りました。ゴール近辺の密集したエリアの技術を要求されるセンターというポジション(スラムダンクに置き換えればゴリのポジション)は、日本人選手が苦手そうなポジションかなと思いました。

 

〇 熱狂を作り上げるためのリピーター層、ソフトパワーの重要性

f:id:y141:20161008160009j:plain

2週連続のホームゲーム、前週の横浜戦における反響も良かったこともあったのか、高額の1階席のチケットは売れ行き好調。開幕して間もないBリーグに対する注目度の高さ、間近で見るプレイに対する満足度の表れとも考えられるのではないかと。

f:id:y141:20161008171112j:plain

(間近で迫力のあるプレイが見れる1階席は完売席種も多かった)

一方、今月の川崎ブレイブサンダースのホームゲームは6試合開催。残り4試合も1週間を挟んで2週連続×2試合となりますので、試合間隔はかなり詰まっています。もちろん、開幕して間もないこともあり、これから足を運ぼうと考えている人も多いとは思いますが満員に近い3000人の動員を毎試合狙うのでならば、ある程度、リピーターを呼び込むための取組を進めても良いのではないかと思いました。

例えば、この日は、1階席は売れ行き好調なので良かったのですが、スタンド自由席には余裕がありましたので、前売価格を少し値下げしても良いのかもしれないですし、親子ペアチケット、土日2試合通し券、スタンド席の回数券のように、リピーター向けのセット販売は、バスケ観戦の満足度を活かした取組として利用できるのではないかと。

f:id:y141:20161009082746j:plain

サンウルブズでは、同じ指定席でも複数のグッズ特典付チケットを販売)

また、プロ野球の公式戦、今年観戦したサンウルブズのホームゲームで販売されておりましたが、応援グッズがセットになったチケットあたりも需要が見込めるのではないかと。タオル・シャツといった観戦グッズ需要は開幕直後で高い時期だと思いますし、派生する形で他のグッズ販売にも弾みがつくかもしれません。変化をつけることで、高額な指定席でも繰り返し買おうと思える付加価値を高めていくのは長いシーズンを鑑みてもアリではないかと思いました。

f:id:y141:20161009084741j:image

川崎市:かわさきスポーツパートナー

この他、自分の知るサッカーファンも多く足を運んでいることを踏まえ、個人的には市内にいるスポーツファンを呼び込むため、JリーグWリーグVリーグ等との連動チケット販売というのは是非とも企画してほしいところ。

また、顧客満足度を高める観点では、アリーナのハード面の充実は難しいことから、ソフトパワーが今後の試合開催において重要になるのではないかと思います。現時点では「バスケを見る」というだけで大きな満足度を与えられてきますが、プロスポーツとして継続した観客動員を確保するうえでも、それ以外の要素を加味して「何度も足を運びたい」と思えるような空間づくりを目指していく必要があるかと。

f:id:y141:20161008151833j:plain

(第3節のカワサキ・エンタテイメント」はブレイクダンスのパフォーマンス)

現在実施中の「カワサキ・エンタテイメント」は素晴らしい取組だと思いますし、ダンス・ライブパフォーマンスのようにアリーナ会場の方が盛り上がるプログラムもありますので充実を期待したいところです。

f:id:y141:20160930203749j:plain

(3000人以上が集まったホーム開幕戦の雰囲気を毎試合作れるようにしていきたい)

ホーム開幕戦の横浜戦がそうであったように、超満員の会場が作り出す一体感は選手にとっても大きなモチベーションに繋がりますので、試合を盛り上げる抜群のスパイスになると思います。また、そうした会場の熱気・雰囲気も観客の満足度を高める要因になります。

f:id:y141:20161008162441j:plain

プロスポーツの当事者はコート内の選手に限らず、選手に目を向ける観客も含まれていると考えておりますので、川崎市内を挙げて、ブレイブサンダースの新たな風を強く、熱くしていきたいと思いました。

f:id:y141:20161008174139j:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村