読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ‐アビスパ福岡

サッカー

f:id:y141:20160910172043j:plain

実車サイズになったミニ四駆エアロアバンテが登場)

昨日は、等々力でアビスパ福岡戦を観戦。

f:id:y141:20160911101958j:image

(ここ数試合は雨の試合が続いた等々力陸上競技場でしたが、今日は文句なし)

前節・柏戦では大敗、先週の秋田戦は苦しみながらも逆転勝利を挙げた川崎。セカンドステージ制覇に向けて、これ以上の負けられない戦いが続く。

試合は、3-1で川崎が勝利。試合を通じて感じたことは以下の3点です。

 

1.2015年版フロンターレの進化

f:id:y141:20160911102016j:image

この日の川崎は、田坂選手を3バックの右に起用する大胆な布陣で臨みました。田坂選手の起用については、試合前の報道を見て驚きを覚えたサポーターは多かったと思いますが、試合を見ていて起用意図がわかってきました。

田坂選手を純粋にCBとして起用したのであれば、答えは「無謀」です。しかし、風間監督が配置したのは「川崎の3バックの右」でした。川崎が採用する3バックは、サイドに大きく開いて、ボールを最終ラインから持ち出す役割を担うのが大きな特徴です。

WBと同様に高い位置を取ることから、ビルドアップ、運動量、対人の強さを含め、今回の陣形では最もタスクが求められるポジションだと思います。初挑戦で対応できた田坂選手の適応力、そしてムラなくプレーを継続できたことは素晴らしいと思います。

また、昨季のシステムの弱点と考えていた中央突破に代表される中盤の守備の脆弱性に関しては、ネット・大島のボランチコンビが確立されたことで大幅に改善されていたと思います。

この日、ネットさんのボール奪取能力、ボールを奪われない強さが際立ち、大島君が最終ライン・WB・前線の3人への供給役として機能しており、自分たちの時間帯を長く作ることも出来ました。その意味では、昨季の戦い方を今季のメンバーで進化することができたのではないかと思います。

もちろん、各選手の運動量の低下から切り替えが遅れ、押し込まれる時間帯を作ってしまった試合終盤の進め方・締め方は要改善ではありますが、コンディションが万全なメンバーが限られている状況を踏まえても、上々の試合内容だったと思います。

2.「大・中・小」ユニットの破壊力

また、この陣形によって嘉人さん、憲剛さん、悠様の「大・中・小」ユニットが最前線でプレイできることが出来たのは大きかったです。

先月はゴールを積み重ねることができなかった嘉人さんでしたが、この日は3人の流れるようなパスワーク動きから3点目のゴールをゲット。憲剛さん、悠様と近い位置でプレイできることで今後量産体制に入れるのではないかと。4年連続得点王に向けて、ガンガンゴールを決めてもらいたいです。

また、憲剛さんもトップに近い位置でプレイするとゴールを奪ってきます。この日もゴール前の執念が実って今季7ゴール目。高い位置でプレイできることで、あそこまで突っ込めること、何よりゴールへの意欲が生み出した貴重な追加点になったかと。

f:id:y141:20160911102146j:image

(インタビューを終えてバックスタンドに向かう憲剛さん)

いよいよ11年ぶりの二桁得点が視界に入ってきたのではないでしょうか。個人的には凄く期待してます。

3.大島僚太は狙っている

この日のプレーで気になったのは、大島君が何度か見せたプレーです。ボールを前に入れて、自分が素早くゴール前に抜け出そうとする動きを見せました。自分が入れたボール、出し手のボールがカットされて成功はしませんでしたが、少し前は見られなかった積極的なプレーだと思います。

思い出されるのはリオ五輪デンマーク戦で見せたアシストの場面です。あの場面は、大島君が抜け出してゴール前に侵入した後に出したクロスを矢島選手が決めてくれました。元々、彼はパスではなく鋭いドリブル突破を武器にしていたことからも、この手のプレー自体は自分の持ち味を発揮する新しいアプローチとして引き出そうとしているのではないかと。

何よりも五輪、A代表での活動を終えて、ゴールを含めて一段と自身のプレーに対する高い意欲と積極性を見られていると思います。川崎の10番の向上心は、チームのさらなる進化に繋がるモノと考えております。

f:id:y141:20160911102102j:image

(反省点はありましたが、勝ち点3を掴みとってのワニナレイルカ)

以上です。勝ち負けが続いていた8月を抜けて、9月は公式戦連勝。上手く上昇気流に乗って勝利を積み重ねていきたいところです。まだまだ苦しい戦いは続きますが、頑張っていきたいところです。

f:id:y141:20160911102048j:image

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村