読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ‐ヴァンフォーレ甲府

サッカー

f:id:y141:20160807081456j:image

昨日は、等々力でヴァンフォーレ甲府との試合を観戦。

f:id:y141:20160807081622j:image

(練習開始前に挨拶する川崎イレブン)

セカンドステージは3分の1を消化し、8月に突入。梅雨明けとともに夏らしい暑さが続く今日この頃ですが、厳しい気候条件の中でもクオリティを維持して勝利を引き寄せていきたいところです。


試合は、攻勢を強めながらも甲府さんの堅い守備を崩せない時間帯が続いた中でセットプレーから先制。後半は、悠の7試合連続得点を含む3得点で一気に突き放し試合を振り返って、感じたことは以下の3点です。

 

1.相手陣内で「ほうき星」となった三好選手

甲府さんの堅固なブロックに苦しんだ川崎ですが、ファーストステージの対戦時と同様、セットプレーを契機に先制して前半を終えることができました。ただし、リード許したものの、甲府さんも簡単に城門から飛び出して攻め込むという形はとらずに、単騎突破をベースとして好機を狙う姿勢を見せておりました。

素早い飛び出しから相手にプレスをかけてボールを奪い、一気にゴール前に攻め込む三好選手の仕掛けは、甲府守備陣にとっては非常に嫌な存在になったと思います。

この日は、橋本選手の警告に伴って後半頭からの投入となりましたが、即座に2点目に繋がるプレイを見せてくれたことで、試合の流れを大きく動かすことができたと思います。磐田戦では思うようなプレイが出来なかっただけに、この日の活躍は自分も本当に嬉しかったです。

ゴールに近づくほどテクニックとスピードを見せる三好選手は、地球に近づくとほうきのような長い尾をひく姿から「ほうき星」とも呼ばれる彗星のような輝きを見せてくれたと思います。とはいえ、一瞬で消えることなく、出場した全ての試合輝き続けるような、三好選手の活躍に期待したいと思います。

2.質と結果を追求する風間監督の采配

上記の三好選手の投入もそうですが、風間監督は、試合を優位に進めながらも選手交代でピッチ上のクオリティをさらに高めようとしました。

三好選手の投入は2点目に繋がりましたが、エウシーニョ選手の「とどめの一撃」となる4点目も武岡選手の投入によるものが大きかったと思います。

従前より、風間監督は「ピッチ上のクオリティをいかに高めるのか」という視点で交代カードを切っております。この試合に限った話ではないですが、以前は交代カードを余らせることも多かった風間監督が、今季はカードの切り方が非常に早くなっています。その理由は、監督の心境の変化、というわけではなく、ピッチ上を活性化できる、試合の流れを変えられる選手が控えているということだと思います。怪我人も多く、選手層は厚いとは言えませんが、試合に絡めている選手が増えてきた証拠だと思います。厳しい暑さもある連戦の中で、このような充実度をさらに高めていって欲しいところです。

3.「嘉人基準」の重要性

この日も、快勝の中でも嘉人さんは厳しい目を光らせていました。「熱血!大久保塾」とでも言うべきでしょうか、試合中でも大塚選手をはじめ、ボールを出すタイミングや位置に対して細かに言葉をかけていました。今季序盤の試合で「一番高い位置に目線を置いているのは嘉人さん」と思わせる場面が何度もありましたが、現在もその位置は変わっていないと思います。

正直、自分の中でも「厳しすぎやしないか」と思うこともありますが、考えてみると、年間順位で上位にいるクラブとのファーストステージの対戦は、浦和・鹿島には1分1敗、広島・ガンバとの試合でも薄氷の勝利ということで、厳しい試合となりました。セカンドステージの後半戦には、こうしたクラブとの対戦が控えておりますし、年間王者のタイトルを奪うためにはチャンピオンシップを勝ち抜かなければなりません。そうした試合で勝つためには、今のままでは絶対ダメだと思います。

結果が充実している今だからこそ、ピッチ上でさらに質を高めていく取組を続けていくことが、次戦、そして今後への最良の準備になると思います。嘉人さんには申し訳ない部分もありますが、厳しい言葉をかけ続けてほしいですし、そうした声も出なくなるようなレベルまで高めて欲しいと思います。

f:id:y141:20160807081603j:image

(勝利への思いを込める、ふろん太カブレラ 

以上です。近年は勝ち星を増やせなかった8月の最初の試合、好発進できて良かったです。

f:id:y141:20160807081707j:image

(ピッチ外のクオリティに対する基準も非常に高くなってきた今日この頃)

また、試合前は、そこまで意識していませんでしたが、考えてみると、JAXA平原綾香さんまで引っ張り出した大型企画だけに負けたら色々な人たちに顔向けができなかったかもしれません(汗)

 夏本番、厳しい暑さと対戦相手をロケットのような推進力で突破していきたいところです。

f:id:y141:20160807081726j:image

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村