読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:明治安田生命J1リーグ・アビスパ福岡-川崎フロンターレ

f:id:y141:20160619165121j:image

昨日は、レベルファイブスタジアムアビスパ福岡戦を観戦。ファーストステージは残り2試合、首位・川崎と2位・鹿島の勝ち点差は「1」。

f:id:y141:20160619165207j:image

まさに「絶対に負けられない戦いがそこにある」状態で臨んだ試合は、序盤に2点のリードを許し、何とか後半のPKで追いついたものの痛恨のドロー決着となりました。

試合を見て感じたことは以下のとおりです。

1. 福岡の攻撃の「型」にハマる

f:id:y141:20160619165335j:image
当日まで見ていた福岡の過去の試合で怖いと思っていたのが、ウェリントン選手のポストプレーの後に城後選手や金森選手が素早く反応して仕掛けるというものでした。
そして、この型が見事にハマって得点に至ったのが福岡の先制の場面でした。ウェリントン選手と谷口選手が競り合い、その後に邦本選手が競り合って金森選手が抜け出してゴールを奪いました。
前節に続く2トップの採用に伴う効用に加えて、攻撃志向のエウシーニョ選手のサイドに張っていた金森選手の反応ともに非常に良かったのはありますが、型としては想定できた点もありますので、防げた失点ではあったと思います。その意味でも、試合の入り方として要反省の内容でした。

2. 高まる「チーム力」
昨年までの守備の軽さを思い返すような2失点でリードをした川崎。さらに、CBのエドゥアルド選手が負傷交代してしまう緊急事態。試合前の雰囲気から一転して絶望的な状況に立たされた中、奮起してくれたのが交代選手たちです。
まず、エドゥアルドと交替で試合に入った井川選手です。スクランブル状態での出場となりましたが、ビルドアップやカバーリンスをこなし、バタついていたチームに落ち着きを与えてくれました。。
次に、後半頭から出場した武岡選手、後半途中から入った田坂選手はコンディションが上がってきたのか、復帰直後は厳しい内容だったプレーも見せてくれました。特に武岡選手はキレのある突破とクロスで見せ場を作ったほか、相手のカウンターにも粘り強い対応を見せてくれました。
そして、リーグ戦初先発した大塚選手は終わってみればフル出場。FW陣との連携面や球際でのコンタクトは若干課題は残りましたが、運動量にもプレーの質も安定していたと思いますので、今後の出場機会にも注目していきたいです。
勝つことはできませんでしたが、離脱者も出る中で劣勢を立て直し、追いつけたのはチームの力だと思います。開幕当初はもちろん、先月と比較しても、その力の向上に手応えを感じております。ファーストは来週で終わりますが、セカンドステージ、そしてチャンピオンシップを戦うためにも、さらなる成長と進化に期待したいと思います。

f:id:y141:20160619165427j:image

以上です。試合後の博多周辺ではフロンターレサポーターの残念会が催されたと思います(当方含む)。顔をあわせる哀愁交差点ではありましたが、まだ眼は死んでなかった(と思います)。ファーストステージ最終節、やり切りましょう!

f:id:y141:20160619165445j:image

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村