読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:明治安田生命J2リーグ・FC町田ゼルビア-FC岐阜

https://www.instagram.com/p/BE7v9H7gBix/

昨日は、野津田で町田ゼルビアのホームゲームを観戦。当方もJ2を戦った2012年が町田の初観戦だったので、J2の舞台に戻ってきたことに感慨深いものがありました。それと同時に今季の町田の試合は初観戦でもありましたので、この日を首位で迎えたチームの戦い方にも注視して見ていました。

試合は、町田が中島選手のゴールで先制した後、岐阜が強烈なミドル弾で同点に追い付き、引き分けという結果に終わりました。特に、同点で折り返した後半は、町田が主導権を握る時間帯が長かっただけに、相馬監督ならびに町田イレブンとしては悔しさも残る結果だったかもしれません。

f:id:y141:20160504073515j:image

ただし、町田の後半の攻め方は、非常に勢いはありましたが、少し単調になってしまった印象もありましたので、鈴木孝選手・中島選手の2トップの関係が非常に良好かつ好調なのは理解しつつも、丁寧にショートパスを繋いで崩す地上戦を展開する等、リズムを変えた攻撃のアプローチなどはあれば面白かったかもと思いました。

f:id:y141:20160504073454j:image

一方、FC岐阜については、前半から最前線のエヴァンドロ・レオンミネイロ両選手にボールをよろしくメカドッグ戦術を推し進めていた印象。少し下がった位置には、コーヤ選手やレオナルド・ロシャ選手が控えているだけに、前半に何度か見られた、ボールが最前線で収まった後の攻勢は強烈なものだったと思います。ただし、後半は町田で押し込まれる時間が続き、チャンスをなかなか作れず苦しい展開だっただけに、町田とは違った意味で90分間の戦い方は課題になりそうですね。

また、今季の町田を見ると、昨季のJ3を戦い抜いた選手の大半が残留し、各ポジションに実力のある新加入選手を組み込んだ構成となっておりますが、最終ラインの増田選手(現・新潟)や平選手(現・東京V)が移籍してしまった分、ある意味では町田の武器でもあった「安定した守備」が実践できるかが開幕前から気になっておりました。

ただし、最近の試合で出場を重ねていたヨンアピン選手はもちろん、この日のスタメンに名を連ねた畠中選手・金選手のCBコンビも力のある岐阜の攻撃陣の突破に対して、失点こそしましたが、安定した守備を見せておりました。おそらく、経験値を積んでいけば、イレブン全体の守り方への理解や安定度も増してくると思いますので、怪我人等が多発しなければ、J2でも守備は大崩れしないのではないかと思いました。

f:id:y141:20160504073528j:image

4年前の最終節を見た人間としては、町田イレブンの奮闘は非常に嬉しく思いましたが、本当に喜んで良いのはシーズンを終えてからだと思います。残留と1つでも良い順位でのフィニッシュを目指して頑張ってほしいです。野津田には、また足を運びたいと思います。

https://www.instagram.com/p/BE8AOzkABns/

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村