読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:真野恵里菜コンサートツアー2016初春 GRAND Escalation

f:id:y141:20160118231717j:image

昨日は、Zepp DiverCity東京で開催された真野恵里菜さんのコンサートに参加。約1年半ぶりとなる今回のコンサートツアーのラストを飾った昨夜の公演では、私もとても楽しいひと時を過ごすことができました。それと同時に、大きな衝撃も受けました。

というのも、映画やドラマ等の演技の仕事を中心に活動されている真野さんにとって、ステージ上のライブパフォーマンス自体が、結構なチャレンジであったと思います。それに加えて、ソロということで公演中は休む間もほとんど無く、1日2公演を完走しました(終盤のMCで話されていた体の悲鳴は素直な反応だったと思います)。それだけでも、現在の真野さんには凄いことだと思うのですが、パフォーマンスも非常に素晴らしかったです。ライブのステージから離れていたブランクを感じさせない、むしろ、ハロプロ時代には感じられなかった力強さを印象付けるダンスやボーカル、そして何よりも、今持てる力をステージにぶつけようとする真野さんの姿勢に胸が熱くなりました。

そして、ステージ上では、ハロプロという故郷を自らの意志で離れ、何物でもない、真野恵里菜として研鑽を積み重ねてきたモノが表現されていたと思います。エネルギッシュな動きの数々、感情を上手く乗せて歌い上げた楽曲等、目の前のパフォーマンスがとても新鮮に映りました。

たしかに、現在の真野さんは「アイドル」や「歌手」という立場から離れてしまいました。しかしながら、様々なかたちで人々の目に映っていく「表現者」としては、現在進行形で成長を続けています。自分でセットリストを組んでコンサートを作り上げてきた「責任」、ファンに自分が積み重ねてきたモノをステージで表現しようという「意志」の2つの思いを感じ取ることができました。

真野さんのライブを見てきた人間としては、昨日の真野さんの姿は「頼もしい」の一言に尽きます。少し涙目だったけど(笑)また、機会があれば、成長と研鑽を表現する場として定期的にコンサートを開催してほしいところ。真野さん最高、マノフレ最高。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村