読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:ジャパンラグビー トップリーグ・LIXIL CUP 2016(第2節)

f:id:y141:20160116164934j:image

昨日は、秩父宮ラグビー場ジャパンラグビートップリーグプレーオフトーナメント「LIXIL CUP2016」を観戦。

昨年行われたリーグ戦の上位チームが参加できる本トーナメント。狙える位置なら確実に得点を奪うためのペナルティゴールを選択する等、やはりリーグ戦とは異なる一発勝負のトーナメント戦の雰囲気を感じました。

f:id:y141:20160116141005j:plain

第1試合のキャノンイーグルス近鉄ライナーズの試合は、先行するキャノンに対して近鉄が追いかける展開。終了4分前に近鉄が6点差まで迫るトライ+ゴールを決める猛攻を仕掛けたため、最後のワンプレイまで見逃せない白熱した試合でした。

f:id:y141:20160116145025j:plain

第2試合のパナソニックワイルドナイツ神戸製鋼コベルコスティラーズのセミファイナル。三連覇を狙うワイルドナイツの試合運びは、素晴らしかったです。特に神戸製鋼の強力なフォワード陣を抑え込む守備の堅さは試合を通して安定していたのが印象に残りました。

f:id:y141:20160116162711j:plain

実際にラグビーを見るようになって、得点機のことを考えると、ペナルティを犯すことなく粘り強く抑えきるか、この点の重要性を意識させられます。組織的な守備の型が大きく崩れず、個々のタスクレートが高さも伺えるハードワーク。試合中に拝聴した秩父宮FMで「どう攻めればいいんだ」という実況陣の言葉が出てくるのも納得です。。

f:id:y141:20160116150859j:plain

一方、攻撃では、ヘイデン・パーカー選手のキックが大きな脅威になりました。距離が長かろうと関係無しに正確無比のキックでペナルティゴールを決め続ける。ノートライで12点リードというのは本当に凄い手(キックの成功率は100%)。ドロップゴール、コンバージョンキックと合わせて27点を叩き出したパーカー選手の活躍にファイナルも注目したいところです。
f:id:y141:20160116173922j:image
この日は天気も良く、2試合とも好ゲームでしたので充実した観戦になりました。来週のファイナルも非常に楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村