読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:明治安田生命J1リーグ・柏レイソル-川崎フロンターレ

サッカー

https://instagram.com/p/5T9xC0gBrQ/

昨日は、日立柏サッカー場柏レイソルとの試合を観戦。セカンドステージは1勝1分で迎えた難所・日立台。年間勝ち点はもちろん、ステージ序盤戦の勝ち点を積み上げるうえでも鬼門といった言葉は厳禁です。柏には、等々力の対戦で4失点大敗を喫した相手。開幕戦に対戦したFC東京と同様、1年に2度負けることは許されません。この日もリベンジするという熱い思いを胸に試合に臨みました。


試合は、序盤に工藤選手にゴールを奪われて追いかける展開となり、後半は猛攻を仕掛けるものゴールネットを揺らすことが出来ず敗戦。セカンドステージ初黒星となりました。観戦を通じて感じたことは以下の3点です。

                              

1.布陣変更の失敗と成功

レナトを中国に引き抜かれたのに加えて、前節・鳥栖戦で武岡選手が負傷し、今週末の練習で悠様が負傷する事態を受けて、風間監督はメンバーと選手配置を大きく変更して試合に臨みました。風間監督自身も考えていたとは思いますが、連戦中はテストする期間が限られていることから、大きく変えてほしくなかったというのが自分の心境です。

前半の川崎は、新たに起用した配置、選手の処々で機能不全が生じていたと思います。最も顕著だったのは、大島選手のアンカー起用でした。配置以前に大島選手の状態が芳しくなかったというのもありますが、彼らしくない戸惑いと焦りを感じるプレイが見られました。大島選手が幾度となく相手攻撃陣の標的とされ、チャンスメイクとされてしまったことは、この試合の苦境の1つであったと思います。

また、エウシーニョのサイドバック起用、杉本選手のサイド起用も従来の起用位置ではない場所で起用しましたが、持ち味を出せたとは言えなかったです。さらに、杉本選手の先発起用⇒途中交代は、最終的にパワープレイ要因の不在にもなってしまったので二重の意味で失敗となってしまいました。

一方、後半の川崎は、井川選手をCBに入れて配置を再編成すると見違えるようにプレイの質が向上しました。柏側が前に出ることなく、主導権を捨てて専守防衛を第一にしたアプローチにも見えたので一概には言えないと思いますが、ボールの流動性とチャンスメイクの数は格段に上昇しました。それだけに悔やまれる前半ではありますが、後半の布陣は次節以降の1つのヒントになりそうです。

 

2.外と中

後半の川崎の仕掛け、中央突破の場面よりもサイドからの仕掛けが多かったと思います。同時にサイドからクロスボールを誰かに合わせるというアプローチも何度か見られましたが、最近では見られなかっただけに新鮮に感じました。しかし、この形が全然決まらない。1つは高さ不足で、健勇選手が交代で不在となった前線には高いクロスに合わせる選手不在で、一方で柏には鈴木大輔選手のように高さのある選手が待ち構えているので分が悪い。もう1つは、上記に関連して、柏のディフェンスが対川崎のセオリー通り、守備時はゴール前を固めることに集中していたことです。最後に人垣が待ち構えている状態になると、流石に人数をかけてゴール前に入っても厳しい。こうした場面も何度と見てきました。

そうした意味では、中央突破はもちろん、サイドから中央に深くえぐる仕掛けも欲しかったところです。1つ1つの攻撃だけでは、簡単にこじ開けられなかったと思いますが、アプローチを変えて、変化を付けて攻めることで、相手の頭と体力を双方奪うことはできたと思います。単調な攻めは、頭の体力を奪うことができないから、踏ん張ることが出来るのだと思います。劣勢の時こそ、バリエーションを引き出す意識を持って攻めてほしいと思いました。

 

3.ノセたくなかった選手=桐畑選手


柏側の視点で考えると、プラン通りに進めた部分もあると思いますが、後半に川崎の攻撃を必要以上に受けたのは想定外だったかもしれないです。後半はクリスティアーノ、工藤両選手の単騎突破を起点にした攻勢ぐらいしか仕掛けられなかったので、ボールをもう少し保持して動かしたかったと思います。

自分が見ていて一番相手選手で「ノセると怖い」と感じていたのは工藤選手、ではなく、GKの桐畑選手でした。テレビで拝見した前節のマリノス戦も受け手に回る場面が多かった柏イレブンの苦境を救ったのも桐畑選手のセービングでした。菅野選手がベンチに戻ってきた以上、試合結果次第でポジションを奪われる可能性は高い。川崎の新井選手がそうであるように、この状況はGKにとって危機感と同時に高いモチベーションで臨んでくることが考えられます。序盤に好セーブを見せたことで、兆候を感じていましたが、やはり、この日も非常に良いパフォーマンスでゴールを死守していました。昨日の川崎には、その彼を仕留める力が足りませんでした。

  

以上です。ネルシーニョ監督時代であれば虐殺されてもおかしくなかったのですが、後半も含めて柏がお付き合いしてくれたので、勝ち点を掴めるチャンスは最後まであった試合だったと思います。ドルトムント戦から始まる、短めの連戦でしたが、数か月経過したような浮き沈みでした。次節の清水戦から仕切り直しといったところでしょう。ココからが正念場!

 

https://instagram.com/p/5USCwfABqD/ 

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

にほんブログ村