読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ‐松本山雅FC

https://instagram.com/p/4I_mpcgBhF/

昨日は、等々力陸上競技場松本山雅FCとの試合を観戦。前節の湘南戦を等々力劇場で終えた川崎は、セカンドステージに良いかたちで繋ぎ、年間勝ち点で上位に食い込むためにも、ファーストステージ残り2試合を良い結果を残したいところ。湘南同様、縦に早いサッカーを展開する松本相手に、怯むことなく挑戦者の気持ちで臨みました。

 試合は、前半は松本の堅い守備の前に苦しみながらも先制点を奪うことに成功。後半は松本に押し込まれる時間はありながらも、反転攻勢に追加点を確保、ボールをしっかりと保持し続けて完封勝利となりました。観戦を通じて感じたことは以下の通りです。

 1.ディフェンス陣の奮闘

この日の試合を観戦した川崎サポーターの多くは、今日の試合は攻撃よりも守備の印象が強く残ったのではないでしょうか。ボールを保持する時間を長く作ることはできましたが、相手がボールを持ち一気に攻め上がろうとする場面も何度かありました。

しかし、この日はディフェンス陣が相手の攻撃の芽を的確に刈り取り、ボールという作物を出荷し続けました。松本の1トップに配置されたオビナ選手に対しては井川選手がボールの読みとカバーリングで仕事をさせず、松本の左サイドからの突破は武岡選手が1対1で完勝と守備で圧倒。

レナト選手が試合後の挨拶でディフェンス陣の奮闘について触れておりましたが、相手の攻撃に勢いを与えず、自分たちの攻撃のリズムをキープすることが出来たのは彼らの働きがあってのことでしょう。川崎が目指す「攻撃のための守備」が実践できたと思います。

 2.谷口彰吾は、ボランチとして「新成」するか?

1とも関連する事項ですが、私が試合を見ている中で目を引いたのは、ボランチとして出場した谷口選手です。谷口選手の大学時代の主戦場・ボランチのプレイは、昨季の加入後から何度か試されたものの、なかなか上手く機能していませんでした。しかし、この日は、終盤にミスは散見されたものの、ディフェンス陣とともに相手の突破を防ぎ、攻撃陣との繋ぎ役としても働きを見せるなど、攻守ともに持ち味を発揮できていたと思います。

〇 ハリルホジッチ監督が求めたもの

日本代表・ハリルホジッチ監督は、谷口選手を代表選出した理由に「パワー」という側面を挙げていました。まさに、この日はボランチとしては大型とも言えるサイズ感はもちろん、相手の潰しや競り合いに負けないパワーの部分が良く出ていたと思います。

この日のプレイを見ていて、インカレで初めて谷口選手を見た時のことを少し思い出しました。川崎のボランチとして「新成」するのか、今後にも注目したいところです。

 3.引いた相手には“繋げば尊し”

「日本とシンガポールの試合みたいだね」。近くで応援する子供がそのように話していました。たしかに、試合序盤から川崎がボールを保持し、松本がしっかりとゴールを固めるという展開となり、川崎イレブンのパスワークは冴えるものの、日本代表と同様にゴールをこじ開けることが出来ませんでした。やはり、スコアレスの時間が続くと、非常に難しい試合になると誰しも思いました。それだけに前半終了間際のレナトの得点は、値千金のゴールだったと思います

〇 サプライズ攻勢

先制点の局面は縦のボールに変化を見せました。ゴール前にグラウンダーの縦パスを入れても相手陣内は人垣が待ち構えていて崩せない。そこで、ボールを動かしながらも、仕掛ける場面で意外性の男・エウシーニョが浮き球でスペースに落とすボールを入れました。船山選手がしっかりとボールを受け、シュートではなくクロスを送ったところを詰めてレナトがヘッドで先制点。集中して守る相手の意表を見事に突いた場面だと思います。風間監督が述べられている矢印の理論にも通じることだと思いますが、多くの対戦相手がゴール前を固めてしっかり守ってくることはわかっているだけに、相手の守備・意識の意表を突くことが大事だと思います。川崎に対してスペシャル対策をしてくることも少なくないだけに、今後も攻撃でサプライズを見せられるかが重要だと思います。

 

以上です。ナショナルマッチデーウィークで1週間を挟んで臨んだこともあり、コンディションの向上とトレーニングを積み重ねた部分が良く出ていたと思います。個々の選手の動きが非常に良かったのは、連戦を終えてリフレッシュできたからだと思いますし、クオリティが高まるほど、キープするための術を模索する必要はありますね。この試合内容をフロンターレのアベレージとしていきたいですね。

https://instagram.com/p/4JTny7gBor/

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村