読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

観戦記:プレナスなでしこリーグ・日テレベレーザ‐スペランツァFC大阪高槻

サッカー

https://instagram.com/p/0wgHocABmN/

■ 女王奪還へ!皇后杯女王・ベレーザが好スタート

本日は味の素スタジアム西競技場なでしこリーグ(1部・レギュラーシーズン)開幕戦を観戦。なでしこリーグ2部を含めて、今日は首都圏開催の試合も多く、どこに足を運ぼうか悩んだのですが、皇后杯の活躍も記憶に新しいベレーザを見たいと思って2年連続で開幕戦は味スタ西で迎えました。試合は、昇格組の高槻に隙をほとんど見せず、3得点快勝と上々のスタート。観戦を通じて感じたことは以下の通りです。

1.長谷川唯選手が見せた“潤滑油”の働き

ベレーザは、阪口・原のダブルボランチ、岩清水・村松のCB阪口さんをはじめ、後ろの選手は皇后杯決勝のメンバーから変更は無かったものの、前線では木龍選手、仙台から加入した上辻選手を配置して臨みました。

正直、試合序盤はチャンスを作れているものの、攻撃としては散発気味。攻撃面を後ろから支える阪口選手が良さを出すことができず、新加入の上辻選手と右サイドを組む清水さんも積極的な攻撃参加を見せることができず、逆に背後のスペースを狙われる等、危なっかしさもありました。それでも、先制点を契機に徐々に改善してきたのは、中盤に入った長谷川唯さんの動きが大きかったと思います。

〇 ポジションは「フィールド全体」

序盤からボールに絡むプレイが多かった長谷川選手。自陣のディフェンスラインからバイタルエリアまで、プレイエリアはフィールド全体と言わんばかり、上下左右に積極的に走り回って、良い位置で顔を出してボールを受けて、チームのボールと人を動かす潤滑油の役割を果たしていました。

〇 長谷川選手のサポートで右からの攻撃が活性化

長谷川選手がサポートに入ることで、相手陣内に攻め込むことができなかった清水選手は息を吹き返したと思います。実際、有吉選手と木龍選手による左からの攻撃が序盤から多かったベレーザの攻撃が、最後10分は清水・長谷川両選手の右からの突破で複数回のチャンスメイクに成功します。後半に入ると左右双方のバランスも改善し、実際に左右のクロスから2得点が生まれています。長谷川選手はチームが2得点リードしたところでお役御免になりましたが、チームを機能させた彼女の存在は非常に大きかったと思います。

2.「アグレッシブなサッカー」とは?

後半は、足が止まってきた大阪高槻に対してベレーザは追加点を奪い、試合を優位に進めていきました。特に、後半開始直後の48分に決まった田中美南選手のゴールは大きかったと思います。田中選手の1点目は左SBの有吉選手のクロスから、2点目は右SBの清水選手からのクロスにそれぞれ頭で合わせて決めたもの。特に清水選手のクロスまでのドリブル突破は素晴らしかったです。

〇 「アグレッシブなサッカー」=技術力+運動量

長谷川選手、清水選手、さらに後半に長谷川選手に変わって入った籾木選手もそうですが、「ベレーザ半袖同盟」と言われる若手選手たちは、下部組織から磨き上げた技術力に加えて、その運動量が素晴らしいです。よく走り、よく顔を出して、そしてボールを動かす。ベレーザを今季から率いる森監督は、試合後のインタビューで何度か「アグレッシブなサッカー」と述べておりましたが、まさに今日のようなサッカーの内容ではないかと思いました。

3.女王奪還に向けて

今季のなでしこリーグの年間王者候補の一角であろうベレーザ。ただし、弱点を挙げるとすれば、今日のメンバーには攻撃陣に「高さ」の部分が無い点です。ベレーザのように機動力であり、繋げるチームであれば、ブロックを作って待ち構えるチームが出てきてもおかしくはないと思います。そうした時に、こじ開けるパワープレイができるかどうか。また、小柄な選手が多いだけに局面の競り合いの中で体の大きい選手に押し込まれることもあるかもしれません。INACなどは代表で経験豊富な選手たちが多い分、この辺の球際は一段と厳しさがあると思います。

幸いにも、今季のベレーザには、そうした部分を補う存在である荒川選手が復帰したことが頼もしいところですが、昨年の上位陣相手にした時に個々の選手がマッチアップで上回れるかが鍵だと思います。若い選手も多いだけに成長していくと思いますので、その点を期待したいところです。

 

以上です。今季のなでしこリーグは、昨季の巻き返しを図るINAC神戸は現役代表選手を集めたオールスター軍団として存在感を放ち、昨季の年間女王・浦和、代表選手を中核に据える湯郷や千葉、そしてベレーザを中心に、近年まれに見る戦国時代の様相を呈しております。女子W杯も含めて、今年は、これからの日本の女子サッカー界を占う大切な1年になると思います。私も女子サッカーを応援するために、並行して足を運んでいきたいと思います。

https://instagram.com/p/0w0VUBABtI/

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村