読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

10/26 田崎あさひミニライブ&握手会(ハロショ秋葉原店)


リハビリも兼ねて直近の比較的ライトなイベントを取り上げたいと思います。

土曜日(26日)、ハロープロジェクトショップ(ハロショ秋葉原店で開催された田崎あさひさんに参加してきました。

元々、私は真野恵里菜さんのメジャーデビューを契機にハロプロ現場に足を運ぶようになったこともあって、田崎さんを知った当初は弾き語りスタイルに惹かれたものがありました。ただし、イベントを通じて演奏等を拝見して全然違うベクトルであることを知るとともに、そのスタイルが好きになりました。そのため、新曲等がリリースされてないタイミングで少し唐突な開催ではありましたが、こうして生の演奏と歌が聴けるのは非常に嬉しかったです。

余談ですが、今回、ハロショ秋葉原店は初めて足を運んだのですが、グッズショップながら店舗スペースに余裕があって非常に居心地の良い場所でした。個人的には末広町駅を利用して秋葉原に行くことが多いので、地形的にも丁度良いです(笑)

■ イベント概要

イベント参加者は100人。年齢層は少し高めという印象ですが、外国の方や女性の方もいらしてなかなか多彩。

冒頭は進行担当の店員さんとの質問形式でトーク。田崎さんから「(ハロショを)神社のようなものと勘違いしてました」という衝撃発言が飛び出す。ハロプロメンバーではないし、略語だからわかりづらいか、とも思ったけれど面白いエピソードでした。

ミニライブでは以下の4曲披露。

1.雨夜の月
2.宙船(カバー)
3.サクラ時計
4.Rolling Days

MC等では非常に丁寧で物静かな田崎さんですが、スイッチが入ると本当に力強いボーカルと演奏でギャップをすごく感じます。私もそこが非常に魅力的だと思っています。特に立ち弾きの時は激しい動きも見せて、一曲入魂の強い気持ちが伝わってきます。また、イベントではカバー曲を披露されていて、この日は中島みゆきさんの「宙船」を披露。これもパワーが必要な曲だと思いますが、日々のレッスンの成果を発揮できたのではないでしょうか。非常に良かったです。

個人的には『Rolling Days』はアップテンポなナンバーですがアクティブさやパワフルさも含めて好きです。

握手会では非常に真剣にファンの話を聞く姿が印象的でしたね。ブログなどでもそうですが、真面目で非常にしっかりとした方だなと改めて感じた次第です。早く新曲を作って欲しい、というかパフォーマンスを披露する場面を増やしてあげたいと思いました。