読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

第14節:川崎フロンターレ−大分トリニータ


(ピッチでタバコを吸うなど傍若無人ぶりを発揮するレッドさん)


■ シリーズ・川崎サポ、等々力を食す:ケバブ編


今日は日替わりワゴンのケバブを食す。筆者はビーフケバブをセレクト。
肉肉しいビーフがJPYで最高。お腹にズーンときたけど、もちろん完食。
間食扱いにして、スタジアムで和幸弁当を買うつもりがこれだけで十分。



(ビーフケバブはJPYな肉肉しさが最高でした)


■ イベント:マスコットキャラ大集合

(躍動するビーカブ君、ちなみに頭の上にはミュートンがいる)


昨年好評だった、川崎にゆかりのあるキャラクターが今年も等々力に集合。
ニータンだけでなくヴァン君と「お友達」のウォーレちゃんも甲府から来訪。
闇の広場にいるような気分、我らがクラブのチアのお姉さま方も撮影したぞぉ。


■ イベント2:市長(×)、市原君(◎)、ヒデキ(〇)
川崎ゆかりのある人々も登場。まず、挨拶で川崎市長、年々微妙さが増す。
トリニータ“応援団”の皆さん」はないだろ。サポーターって言えばいいのに。


始球式に「ルーキーズ」で大人気の市原隼人さん(川崎市出身)が登場。
ヤンキー風の兄ちゃんと思ったら、礼儀正しい、熱いハートを持った好青年。
DVDで川崎のことを勉強してきてくれたそうですが「芸があって」とかって、
まさか、ファン感のDVDを見たのかよ!!何というか、大きな勘違いが(笑)


始球式はいい弾道でネットを揺らす、J'sGOALの写真*1も絵になってます。
上半身裸でサポゾーンに飛び込んできた若者を見て、コールリーダーの
「市原君に負けぬように」とのコメントに無駄に説得力を感じた次第です。


ハーフタイムはヒデキLive!デイゲームだと輝きが少し薄れてしまうのか?
昨年は前半ビハインド、真夏、ナイトゲームが異常?今年はまったり気味。


■ 肝心の試合:王将+飛車角抜きでも、そこにレナがいる
代表連戦から帰還したテセとケンゴ、退団騒動の影響でジュニーニョ
怪我のヴィトール、寺田がベンチ外と、中心選手の多くを欠いた川崎。
この日は3トップに矢島卓郎山岸智(!)、レナチーニョという配置で、
トップ下に今季初スタメンの養父。マッチーデーで案を見て、ぶっ飛んだ。


当たり前だが、中村憲剛の代わりは誰もなれない。彼のように広い視野
をもってパスを出せる選手は早々にいないし、スルーパスロングフィード
も繰り出せない。怪我人が多い大分とはいえ、ある程度の中盤の苦戦は想定。


状況を打開するには、全員守備+個人技の攻撃だとも思っていた。
その発想は何となく、昨年の川崎の戦い方に近いが、それが元々の強み。


攻撃面ではレナが2得点の活躍。体のコントロール、機動力、飛び出しは流石。
突破する際に、不用意に相手にボールが取られなければ反則レベルの選手だわ。


ベンフィカからオファーが届いていると聞いて、結果だけでなく個人で魅せる
プレイを要求するポルトガルリーグ*2は非常に適性があるとは思っていた。
だけど、このシーズンだけは残ってほしいよな。最後までレナと闘いたいんだよ。


守備面では谷口や井川の踏ん張りが光った。今日のイガは「できる子」杉。
あとはフロンタサポの期待の星・登里君がデビュー出来たのは嬉しかった。
ボールがノボリのいるところに集まってくるようだった。最後の10分は興奮。
筆者的には、川崎一筋だった久野選手の「23」*3を継承したノボリが
これからの川崎を盛り上げてほしいと願っています(イケメン枠含めて)。


試合は2-0でリーグ戦4連勝。王者の背中はまだ遠いけど、ワンステップ。
市制記念試合、というかヒデキの日は引き分けジンクスも乗り越えたぞ。
ということで、今日のMVPはヒデキをも食うほどの川崎魂炸裂の市原さん(笑)


写真・駄文:Y.Ishii

*1:参照:http://www.jsgoal.jp/photo/00047900/00047904.html

*2:参照:http://www.nicovideo.jp/watch/sm5653262

*3:もちろん相馬先生の番号でもあるけど