読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

THE iDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! IN TOKYO


(やっと来たぜ、JCBホール。前から行ってみたかった会場だった)


ということで、アイマス4周年記念イベントの東京公演に参戦した。
今回は抽選漏れしてしまったので、オク参戦でゲットする執念を発揮。
風の噂に聞く新体制発表などで、期待と不安が交錯しながら当日を迎える。


■ 開演前
朝は大学時代の先輩とと物販。今回は一人じゃないだけに長時間
ながらも何とか乗り切った。ちょっと面白かったのが、

物販「2000円お買い上げごとにアナザージャケットが手に入ります。
12000円で6種類揃います。定額給付金でコンプリートできます」(要訳)

新単位・1定額給付金(=12000円)誕生。ささやかな笑いを提供されつつも、
筆者はイベントパンフレットが無事手に入ったので安堵。財政面は緊縮気味。


それで入場前、私は1000番台だったのだが集合場所ではまったく誰も整列が
なされていないので、ファンの有志の人たちが整列の指示を始める。偉すぎる。
そのおかげか、開場から30分後くらいで入れる。初JCBホール、バルコニー席の
臨場感が凄い。アリーナの立ち見席も思ったよりもスペースがあった。


■ ライブ概要
今回は小鳥さんではなく、ダンス審査員・軽口氏の軽快な注意事項。
暗転したステージにキャスト登場。全員でTHE iDOLM@STER』(ショート)
初期(および基本)配置は、記憶の限りではこんな感じ。

智秋・若林・仁後・今井・閣下・長谷川・原・沼倉・平田・滝田

のっけからトークで無駄に盛り上げる左サイドの二人は流石(笑)


トップバッターの閣下とあっきーは、準備のため早々に舞台下にさがり、
時間稼ぎ(笑)のため、ハラミーとヌーヌーのあだ名を考えようコーナー。

これはあんまりにもズンドコだったので、内容はほぼ割愛させてもらうが、
神の原さん案「原、たいらさんに3000点」は、いい昭和テイストだった(笑)
あと、滝田さんが必死に沼倉さん案「ぬりゃぬりゃ」をこっそり推していた(爆)
(なお、あだ名は変わることはなかったという、WWEハウスショーの王座戦ばり)


(1)中村・長谷川組(春香・美希)

「乙女よ大志を抱け」→ 「I want」→ 「ショッキングな彼」(新曲)
→ 「ふるふるフューチャー」→ 「Shiny Smile」(2人)

P.S.プロデューサーコンビ。いきなりの筆者が大好きな春香さん楽曲で、
テンションがぶっ壊れる。。。中村閣下は「I want」歌うたびに自分色に(笑)
続いて、アッキーはいきなりの新曲がカワイイ感じの楽曲なのとアッキーがまた
セクシーポーズなんかするから「けしからん」と、恒例のお父さんの視点でした。


(2)平田・沼倉組(真・響)

「迷走Mind」→ 「Next Life」 → 「自転車」(新曲)
→ 「太陽のジェラシー」 → 「relations」(2人)

ヌーヌーの「Next Life」の冒頭の「あなたの遺伝子が、呼んでる」
に鳥肌が立った。なんてか、昨年のライブで初お披露目から1年もたたずに
歌もダンスもカッコよくきめちゃうなんて、ヌーヌーすげーわ。真の新曲
「自転車」は疾走感のあるナンバー、真「らしさ」がよく出ていたと思う。


(3)若林・たかはし組(律子・あずさ)

「いっぱいいっぱい」→ 「mythmaker」(新曲)→ 「livE」
→ 「隣に...」 → 「シャララ」(二人)

年長組。若林神は、相変わらずパフォーマンスレベルが高かった。
観客の「いっぱいいっぱい」大連呼は流石。あずさ新曲はキング色強い。
そして、ようやく「隣に...」フルで聞けた。やはり、いい曲すぎて泣きそう。
昨年はショート版でしか聞けなかっただけに、感慨深し。気持安らぎ、観客拍手。


(4)仁後・滝田組(やよい・小鳥)

「Here we go」(2人)→ 「キラメキラリ」 → 「空」
→ 「ゲンキトリッパー」→ 「花」

MCで手つないでたり、EXILEダンス風な動きを披露など微笑ましい姿が。
「キラメキラリ」は大盛り上がり、この日一番のウルトラオレンジ旋風。
小鳥楽曲は何度聞いてもイイ。「空」はしみじみしながらもアップテンポ、
「花」はそれこそ「いい歌だなぁ」(しみじみ)なナンバー。また安らぐ。


ちなみにMCで(3)コンビにフリーザ様好きを突っ込まれた滝田さん。
ボソッと「デスボール」を発して、吹いた。It’s so ジュリーダム!!


(5)今井・原組(千早・貴音)

「目が逢う瞬間」 → 「フラワーガール」 → 「My Best Friend」
→ 「arcadia」 → 「青い鳥」(2人)

ミンゴス必殺フルコース。「arcadia」はElements Garden(上松)楽曲だけに
テンションの高ぶり方が「エタブレ」のそれに近い。ミンゴスのキメも良かった。
「フラワーガール」は私的にはド直球の楽曲。これまたハラミーがカワイらしい
衣装を着ててさぁ(しみじみ)ミンゴスの強烈な色に負けず劣らず、良かった。
そして「青い鳥」のデュオ版もおみごと。


(6)アイマス2ndビジョン関係発表
そして、ここからが中継枠にもなった新体制発表コーナーへ移行。
VTRでDS版ソフト「アイドルマスターディアリースターズ」発表。
BGMに3人の新アイドルの楽曲『Hello』に合わせて、概要等が説明。


全キャスト集合。坂上“変態”陽三Pが登場 with 大変態コール(笑)
ガミPからやや詳しくゲーム概要が説明。今回は「自分がアイドルになる」
というセルフプロデュース、アドベンチャーゲームらしい。何だってぇ。。

そして、新キャラのキャスト紹介。発表されたのは

日高愛戸松遥 / 水谷恵里:花澤香菜 / 秋月涼三瓶由布子*1

の三人。気持ちの整理もつく間もなく新キャストの中で、三瓶さんを除く二人登場。
早速『Hello』披露。流石にソロとしても活躍中だけあり、戸松さんはごく自然体。
ちなみに、坂上Pは本作の続編については触れたが、具体的な話にはならず。

■ エンディング
そして、最後に今後の抱負を一言。ツボだったのは滝田さんで
「健康なまま年越しを」って、まだ樹里さん、半年ありますよぉぉ!

ラストは全キャストでTHE iDOLM@STER』(M@STER Versionを歌う。
生放送中なのに、閣下が歌詞のフライングでミスる。。ここら辺はご愛嬌(笑)


最後、そしてアンコール代わりの挨拶で、中村さん号令のもと
アイマスですよアイマスで締め。


終了後、観客からは恒例のアイマス最高」コールに包まれた。
今日はライブだと思ってなかった*2だけに、こんなに歌を聴けただけで幸せ。
新体制に対する見解は、別エントリーで書きます。


写真・駄文:Y.Ishii

*1:正確には愛、恵里役の発表→楽曲披露→三瓶さんビデオコメントの順番。ちなみに、若林さんが秋月家二役と思わせるようなフェイントを(笑) 

*2:PARTYだから一昨年の『GREAT PARTY』みたいなのを考えていたので。。。