読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

第8節:川崎フロンターレ−京都サンガF.C

サッカー

ACL浦項戦以来となる土日以外の観戦)


■ 連休気分、フライング気味に
筆者の業界は普通に木、金も仕事。ある意味、インフラ産業なので。
そんな連休前の祝日、12連休初日を迎えた友人が観戦のため川崎帰還。
元々、GWは横浜F戦だけ行くつもりだったが、せっかくなので等々力へ。


フロンターレ牧場:筆者は年齢対象外です。。。

(かけっこ出場の豚君。このあと、スタッフがおいしくいただいてはいない)


今週のスタジアム前のフロンパークでは「フロンターレ牧場」が開園。
世間では豚インフルエンザだなんだ、と騒いでいる頃に子豚(国産)を
集めて、「豚トンかけっこ」をやっているんだから、日本は大丈夫です(笑)


牛やヒヨコとのふれあいコーナーも小学生以下対象、残念。
ソフトクリームを食す。こう暑い日には持ってこい+濃厚な味がグッド。


■ シリーズ・フロンパークを食す :日替わりワゴン編


今日は日替わりワゴン車の沖縄飯。ソバには暑い天気だったので、
ソーキ丼を食す。肉はトロトロ、ご飯はたっぷりの満足ボリューム。
丁度、お昼時ということもあり、腹ぺこ筆者はガッツリといただいた。


■ 試合雑感:待ってました、怒涛のゴールラッシュ
関塚監督の大英断。連戦で疲れもみえるメンバーを大幅入れ替え。
右サイドの森勇介をベンチ外、DFの複数位置をこなしていた伊藤宏樹
ボランチでスタメンに名を連ねていた横山、FWテセもベンチスタート。


ただ、右サイドに入った田坂や途中交代でいい動きをしていた矢島の先発起用
は良い流れを生むかもと期待してた。相手京都は、高速カウンターに注視してた。
試合は早い時間で先制点を奪えたことで、主導権を握れたのが大きかったと思う。
先制点もそうだが、相手陣内の高い位置からプレスを仕掛けての攻撃が有効だった。


2点目からのサイドからの崩しはお見事、矢島の初ゴールも押し込むだけでOK。
4点目は得点者の黒津が「エンジェルパス」というほど、ケンゴのパスが良かった。
本当、この日の4得点は今シーズンの川崎の攻撃オプションの引出しの多さを証明。


べた褒めになるが、矢島はボールの収まり方といい、馬力といい、高さといい、
改めて、素晴らしい選手だと思った。FW育成に定評のある関塚監督がいるんだし、
さらなる進化を遂げてほしいものだ。テセも負けてらんないぞ(笑)


あと、やはり最後の失点がいただけない。川崎らしいといえばらしいのだが(笑)
とはいえ、川島は大あたりで随所で勘も冴えていたのも大きい。ビッグセーブ連発。
コンバートされた菊池と右サイドの井川が怖かっただけに、エイジが頼もしかった。


次は、中2日で近場のアウェイ日産スタジアムに乗り込む!
7連戦も折り返し。


駄文・写真:Y.Ishii