読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

生観戦:WBC東京ラウンド GAME4:日本−韓国


(テーマや応援歌とか、スタイルも日本らしさだと思う)


■ 試合雑感:ULTIMATE CRUSH
球場に足を運ぶようになって約10年。こんなにも高揚した試合があったか。
試合前、相手チーム応援団、日本の応援団から響いてくる熱のこもったコール。
この独特の熱気に包まれた空気は、一生のうち二度と味わえないかもしれない。


最近、ラグビーサントリーの監督である清宮克幸氏の本を読んだ。
早大監督時に清宮氏は「ULTIMATE CRUSH」というスローガンを掲げる。
文字通り、相手を完膚なきまでに倒すチーム。それを目指したのだった。


今日の試合を端的で表せば「ULTIMATE CRUSH」だった。
年何試合かの巨人戦にもある、原監督の采配がズバズバとはまる日。
選手起用の妙もさることながら、原構想の三段構えの打線配置も功を奏した。


1−3番は出塁、4−6番で得点、7-9番に意外性。ミッションが明確になった。
この流れが連動した結果、14安打14得点という奇跡的な効率性を発揮できた。
スモールベースボール=複雑な野球」と取り違えがちだ。私的に得点力とは

「シンプルな攻撃スタイル」 「最低限のセオリーの徹底」

に尽きると思う。これに加えて、本塁打を打てる力を持った選手がいれば最高。
ここ2戦では村田はその働きをしてくれた。打席の巡りも本当に良かった。


投手に関しては松坂は、相変わらずの内容。ある意味、想定内。
メジャーでも午前9時から中継を見てはいけない、これもまたセオリー(笑)


最後に、たしかに勝利は喜んでもいいだろう。正直、浮かれ過ぎている。
我々が狙うのはアジアか?否、世界である。韓国が世界の強豪であることには
なんも変わりはなく、サムライジャパンはまだ何も成し遂げていなのである。


日本は世界の頂を目指す。韓国に大勝したからといって、まだ予選の1勝なのだ。
本当に喜ぶのは25日の決勝戦に勝利したときだ。日本はまだここで終われない。
次のラウンドから上がってくるであろうキューバとメキシコ(メキシコも手強い)
との巡りあわせを想定して、月曜日の試合も必死になって取りに行くべきだ。


本当の戦いはまだまだこれからだ!頑張れ、サムライジャパン!!


文:Y.Ishii