ぶらり人生途中下車の旅

ボンクラライフ

サッカー

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ-サガン鳥栖

2月22日、明治安田生命J1リーグ開幕戦を観戦するために等々力へ。ルヴァン杯を観戦したものの、リーグ開幕戦を迎えると、改めて新シーズンの訪れを実感する。 〇「笑う時もあれば泣く時もある」 (マルコメ様からは開幕を祝う糀甘酒が振舞われた) 開幕=フ…

観戦記:ルヴァンカップ・川崎フロンターレ-清水エスパルス

2月16日、等々力陸上競技場でYBCルヴァンカップを観戦。 (とどろき会館手前の小鳥さん。青黒とオレンジで対戦を表す) 4年目を迎えた鬼木フロンターレは、挑戦者の気概と青き意志を胸にシーズンに臨む。Jリーグ王者の看板を背負って開幕を迎えていた昨季…

観戦記:Jリーグプレシーズンマッチ・京都サンガF.C.-セレッソ大阪

2月9日、横浜を拠点に活動するアイドルユニット・nuance(ヌュアンス)の対バンライブと日程が上手く被ったこともあり、京都府亀岡市に建てられたサンガスタジアムby KYOCERA(以下「サンガスタジアム」と呼ぶ)のこけら落としに足を運ぶ。 〇 麒麟ではなく…

観戦休題:遠征サ活はじめました  

本エントリーは「川崎フロンターレ Advent Calendar 2019 - Adventar」の11日目として寄稿するものです。昨日は、600rrAnkoさんの『2020年6月10日 晴れ - 青黒イルカに乗った中年男』でした。 ================== グラッデンと申します。本年もアドベントカ…

観戦記:ルヴァンカップ・北海道コンサドーレ札幌-川崎フロンターレ

10月26日、埼玉スタジアム2〇〇2でYBCルヴァンカップ2019ファイナルを観戦。 「死闘」という表現も飛び交った試合は、PK戦の末に川崎が勝利。観戦を通じて感じたことは以下の点です。 〇 GAME:敗北と栄冠の経験値 Embed from Getty Images 阿部選手のコメ…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ-ジュビロ磐田

9月14日、3連休の初日は等々力で磐田戦を観戦。少しずつであるが気温も日暮れも早くなってきた気もする。 (食後のデザートにFスイーツ「磐田茶プリン」。絶品) 観戦者にとって、日々の観戦は季節の移り変わりを意識する機会でもあるだろう(プリンを食べ…

観戦記・明治安田生命J1リーグ:名古屋グランパス–川崎フロンターレ

8月10日、名古屋戦のためにアウェイ遠征。 住よし訪問から始まる名古屋戦。美味し。 ◯ STUDIUM:大聖堂で行われた祭典 近年、名古屋戦は豊田スタジアムで観戦することが多い。個人的に豊田スタジアムは好きなスタジアムだ。ほぼ実家である等々力を除けば、日…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・FC東京–川崎フロンターレ

7月14日、味の素スタジアムにおいて第34回多摩川クラシコを観戦。 (味スタに集った川崎サポと魂) 首位・FC東京を追いかける我々としては負けららない一戦。 試合は激闘の末、川崎が3得点を奪って勝利を手にした。試合観戦等を通して感じたことは、以下のと…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・ジュビロ磐田-川崎フロンターレ

6月30日、磐田戦のために静岡遠征。 最近、観光地を巡るなど彩りのあるアウェイ遠征記を書いてきたが、今回は前日にアイドルイベント(ゴホンゴホン)雨の影響もあり、シンプルに「試合を見る」遠征。 ◯ 雨の待機列、自分と会話する 今回は完全ソロ遠征だっ…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ−北海道コンサドーレ札幌

6月14日、等々力で札幌戦を観戦。 ◯「Jリーグのある金曜日」を終えて サッカー、バスケにおける攻守の切替を「トランジション」と表現されるが、サポーターも日常生活から観戦に頭のトランジションをしてスタジアムに向かっている方も多いのではないだろうか…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ−浦和レッズ

6月1日、等々力で浦和戦を観戦。 長距離遠征を終えた後のホームゲームは、実家に帰ってきたような安堵感に包まれる。さらに、初夏の陸前高田ランドが早すぎる夏祭りの雰囲気も持ち込んでくれました。 今回も楽しすぎて「戦いの中で戦いを忘れた」(某・青い…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・大分トリニータ-川崎フロンターレ

自堕落な学生生活を終えて社会人になって大きく変化したことは、寝坊に対する恐怖心だと思う(汗)5時間睡眠で目が覚めてしまう今の状況を踏まえると、無限に眠れていた自分が別人のように感じることがあります。 入社以降、寝坊で遅刻したことは皆無である…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ-名古屋グランパス

5月17日、周囲が残業体制に入る中で「強い気持ち」で退社して等々力へ向かう。 業務内容がガラリと変わった異動先、「金曜ホーム+日曜アウェイ」の今季の日程の双方にも慣れてきた今日この頃。しかし、今日の対戦相手は気持ちの入り方が少し違っていました…

サウナ訪問記:関西サウナ巡りの旅(前編)・神戸サウナ&スパ(神戸市中央区)

(各線三宮駅から徒歩数分。ドンと構える神戸サウナ&スパさん(昨年8月撮影)) アウェイ遠征で足を運んだサウナの感想を書く謎企画(通算7回目)。今年最初の掲載は4泊5日の関西遠征で利用したサウナを紹介したいと思います! 本当は一度にまとめて書…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ-ベガルタ仙台

5月3日、等々力で仙台戦を観戦。 「令和初陣」気持ちを新たに。そして、奈良選手のために気持ち込めて。 ハイライト動画 明治安田生命J1リーグ 第10節 川崎Fvs仙台 3-1#川崎F対仙台#Jリーグその他の動画はこちら https://t.co/CfyiYDvsJ6 pic.twitte…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・ヴィッセル神戸 - 川崎フロンターレ

4月28日、ヴィッセル神戸戦のために関西方面へ。何気に2年連続でGW対決。 ◯ TENSION:同じようで、ちょっと違う 叔母の家が神戸にあったことから、遠征回数は多い部類に入るノエスタですが、今回は高揚感が少し違っていました。 昨年の対戦時はポドルスキ…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ-湘南ベルマーレ

4月19日、等々力で湘南戦を観戦。 (来週の自分に仕事を託し、前半10分頃に到着) 離脱者が多い中、鳥栖戦を総力戦で勝ち切った川崎。この流れで狙うはホーム初勝利。 試合は、阿部選手と知念選手のゴールで川崎が勝利。観戦を通じて、考えたことは以下の点…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・サガン鳥栖-川崎フロンターレ

4月14日、九州遠征2日目。宿泊地の博多から鳥栖に移動。 九州遠征のメインイベント、駅前不動産スタジアムでサガン鳥栖戦を観戦。 試合は知念選手のゴールで川崎が勝利。以下、今回の観戦を通じて印象に残った点を簡単にまとめました。 ◯ STATION:変わらぬ…

観戦記:明治安田生命J3リーグ・ギラヴァンツ北九州−アスルクラロ沼津

4月13日、サガン鳥栖戦に向けて九州地方に前乗り。せっかくの九州遠征ということで、今回はミクニワールドスタジアム北九州(以下「ミクスタ」と言う)に行くことにしました。 CITY:リニューアルした街のシンボル (久々に新規開拓となった城ロマン企画) …

観戦記:ACL・川崎フロンターレ-シドニーFC

3月13日、等々力でAFCチャンピオンズリーグ(以下「ACL」という)観戦。 過密日程も後半戦。苦しい時期ではありますが、短期決戦のグループステージ突破するためにも勝利が欲しい試合。観戦を通じて感じたことは以下の点です。 ◯ GAME:アジアで戦うという…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・横浜F・マリノス-川崎フロンターレ

3月10日、日産スタジアムでマリノス戦を観戦。 (ふろん太も熱い気持ちを表現する。高階さんの前ではデレデレだったけど) 必勝を期して臨んだ6日の上海上港戦では悔しい敗戦を喫した川崎。海外アウェイの移動に伴う疲労もある中、開幕連勝スタートのマリノ…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ

3月1日、等々力で鹿島さんと対戦。 (TRFのYU-KIさん、DJ KOOさんによるハーフタイムショーは世代的に胸アツ!) 今季初の平日ナイター。仕事を頑張って駆け付けただけに、スタジアムで観戦できることがご褒美にも感じるようなひと時でした(繁忙期で来週も…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ-FC東京

2月23日、等々力で明治安田生命J1リーグ開幕戦を観戦。 (1年間闘った昨年のユニから新しいユニへの引継ぎ) 何年サポーターを続けても、新たな戦を迎える前の独特の高揚感は代えがたいもの。 (両クラブのマスコットも平成生まれである) しかも、「平成最…

観戦記:FUJI XEROX SUPER CUP 2019

2月16日、さいたまスタジアム2〇〇2でFUJI XEROX SUPER CUP 2018(フジゼロックススーパーカップ)を観戦。 蹴春到来!明治安田生命Jリーグの開幕を告げる一戦。「サッカーがある日常」を待ち望んだワクワク感を共有するために足を運んでおりましたが、大会…

観戦記:高校サッカー・第97回全国高校サッカー選手権大会 開幕戦

12月30日、駒陸で高校サッカー選手権の開幕戦を観戦。 快晴の空の下、全国各地で繰り広げられた予選を勝ち抜いた精鋭たちが集う開会式。 【全国高校サッカー選手権:駒沢】開会式の入場行進。大会テーマ曲『ふり向くな 君は美しい』の生演奏を聴けるのは良い…

観戦休題:今季の観戦で振り返る「俺のゲン担ぎ」

今回のブログは「川崎フロンターレ Advent Calendar 2018 - Adventar」の14日目として投稿します。 〇 はじめに:異常なサポーター行動を自己検証する 本年で4回目の参加となるグラッデンと申します。昨年は、初優勝を手繰り寄せたフロンターレの守備面に焦…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ-ジュビロ磐田

12月1日、等々力でJ1リーグ最終節を観戦。 (櫓がある風景に見慣れてきた気がします汗) 快晴の中で開催される陸前高田ランドというシチュエーションは、昨季の最終戦を思い出させます。 今季も多くの激闘を生まれた等々力の最終戦ということで、前節と同様…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・FC東京-川崎フロンターレ

11月23日、味の素スタジアムで多摩川クラシコを観戦。 (リーグ戦では、3試合連続で勝利できていない多摩川クラシコ) 前節で連覇を決めたフロンターレですが、多摩川クラシコは別腹(キッパリ) (3万7000人の観衆が集まったスタジアムの雰囲気で自然とテン…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・セレッソ大阪ー川崎フロンターレ

11月10日、ヤンマースタジアム長居でセレッソ大阪戦を観戦。 (勝率重視で空路で大阪へ向かう) 「優勝争いの鍵を握る試合だ!」と思って準備を進めていた遠征が、まさか優勝をかけた試合になるとは考えもしませんでした。 (この日はゴル裏で応援。高揚感と…

観戦記:明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレ-柏レイソル

11月3日、等々力で柏さんとの試合を観戦。 (山形での悔しい敗戦から再起を図る一戦。勝利を掴んで再加速したい) 気が付けば、今季の等々力も残り2試合。目の前の試合を全力で! 試合は、3得点を奪った川崎が勝利。観戦を通じて感じたことは、以下の点です…